新庁舎建設事業について

新庁舎建設の経緯について

昭和38年(1963年)に竣工した現在の本庁舎(以下「現本庁舎」という。)は、建築から50年以上が経過し、「防災拠点機能の不足」や「庁舎の分散に伴う業務などの非効率性」、「施設及び設備の老朽化とバリアフリー化」、「庁舎の狭あい化による市民サービスへの影響」などの問題を抱えています。

また、政府の地震調査委員会が発表した南海トラフ巨大地震の今後30年以内の発生確率が70%から最大80%にまで引き上げられたことから、南海トラフ地震防災対策推進地域に指定される鳴門市においては、市民の生活を支える基幹施設である現本庁舎の早急な耐震性能確保が求められています。

こうした様々な課題を解消するため、現在、鳴門市では、市内に分散する庁舎施設を集約し、市民の利便性にも配慮した防災拠点機能を持つ新庁舎の建設を鋭意進めているところです。

 

現本庁舎の外観

現本庁舎の外観 現本庁舎の外観

 

既存庁舎等のアーカイブ事業に関する情報

市民会館アーカイブ事業について

<鳴門市市民会館アーカイブ展「じゃあ、ね。」:令和2年10月21日~11月3日>(イベントは終了しました)

アーカイブ展のチラシはこちら

<思い出の「市民会館」写真・映像募集:令和2年7月1日 ~ 8月31日>

 

京都大学総合博物館企画展「増田友也の建築世界―アーカイブズにみる思索の軌跡」

本市に所在した19棟の建築の設計を主導した京都大学教授・増田友也氏の没後40年に合わせた展覧会が京都大学総合博物館において開催されます。本市はこれを共催し、鳴門の建築群について写真や模型、映像などを出展しています。

展覧会のチラシはこちら

【期 間】 10月27日(水)~12月12日(日) ※月曜日、火曜日は休館(平日・祝日にかかわらず)
開館時間:午前9時30分~午後3時30分
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入館を完全予約3部制としています。
  • 第1部 9時30分~11時30分(最終入館は11時)
  • 第2部 11時30分~13時30分(最終入館は13時)
  • 第3部 13時30分~15時30分(最終入館は15時)
入館予約はこちら(京都大学総合博物館予約サイト)
【場 所】 京都大学総合博物館(京都市左京区吉田本町)
【入館料】 一般 400円 / 高校・大学生 300円 / 小・中学生 200円
【その他】 社会情勢や気象警報発令等により、休館あるいは入館方法を変更する場合がありますので、京都大学総合博物館ホームページで最新情報を必ずご確認ください。
京都大学総合博物館ホームページはこちら

 

新庁舎建設に関する情報

新庁舎建設基本計画について

<平成31年1月に鳴門市新庁舎建設基本計画を取りまとめました。>

 

新庁舎建設基本設計について

<基本設計業務の履行期間:令和元年6月18日 ~ 平和2年5月31日>

 

新庁舎建設事業に係る設計・施工者の選定について

 

新庁舎整備事業(デザインビルド方式)について

<新庁舎整備事業の履行期間:令和3年2月(予定)~令和5年11月30日>

 

市民参加

<新庁舎建設に関する市民会議(全2回):平成30年7月16日(月)、8月18日(土)>

<鳴門市新庁舎建設基本計画の策定に係る市民アンケート:平成30年7月3日(火)~7月23日(月)>

 

事業者からの意見募集

<新庁舎建設事業における公募条件等に関する意見募集:令和元年6月20日(木)~7月2日(火)>

<新庁舎建設事業における設定期間等に関する意見募集:令和元年10月15日(火)~10月28日(月)>

<新庁舎建設事業におけるデザインビルドの公募条件等に関する対話者募集:令和元年11月20日(水)~11月28日(木)>

<新庁舎建設事業におけるデザインビルドの公告に向けた対話者募集:令和2年5月12日(火)~5月18日(月)>

 

お問い合わせ

特定事業推進課
TEL:088-684-1262

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード