ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん:HPV)予防ワクチン接種について

HPVワクチンの接種は、厚生労働省の勧告に基づき平成25年6月から積極的な接種の勧奨を差し控えていましたが、令和3年11月の国の通知により、個別勧奨を再開することとなりました。

接種にあたってはワクチンの有効性とリスク等を十分ご理解いただいた上で、体調の良い時に接種を受けてください。

 

1.鳴門市接種対象者(令和4年度)

中学校1年から高校1年に相当の女子(平成18年4月2日から平成22年4月1日生まれ)

 

2.接種期間

高校1年相当の年度の3月31日まで

※ただし、平成18年4月2日から平成20年4月1日までの間に生まれた方については、接種機会確保の観点から、定期接種期間後はキャッチアップ接種の対象に移行し、接種期間が延長されます。

キャッチアップ接種について

●平成18年4月2日から平成19年4月1日までの間に生まれた方
令和4年度:通常の定期接種期間
令和5年度:キャッチアップ接種期間
令和6年度:キャッチアップ接種期間(令和7年3月31日まで接種可能)

●平成19年4月2日から平成20年4月1日までの間に生まれた方
令和4年度:通常の定期接種期間
令和5年度:通常の定期接種期間
令和6年度:キャッチアップ接種期間(令和7年3月31日まで接種可能)

 

3.接種場所

令和4年度 定期予防接種指定医療機関名簿(令和4年4月1日現在)

※予防接種を受けるには予約が必要な場合があります。必ず事前に希望する接種医療機関にお問い合わせください。

※徳島県内の広域化に登録している医療機関でも接種可能ですので、希望の医療機関にお問い合わせください。

※県外の医療機関で定期予防接種を受ける場合は別途手続きが必要となります。

県外で予防接種を受ける場合は、事前に「定期予防接種依頼書」の交付申請が必要となり、接種費用の助成が受けられます。(事前に申請がない場合は助成の対象とはなりません)。詳細は健康増進課までお問い合わせください。

県外の医療機関で定期予防接種を受ける方へ

 

4.接種に必要なもの

①母子健康手帳
②鳴門市が発行した予診票
③健康保険証など、住所・氏名・生年月日がわかるもの

原則として、保護者の同伴が必要です。保護者以外の方が同伴される場合は、委任状が必要です。委任状は健康増進課で発行できる他、鳴門市公式ウェブサイトからもダウンロードできます。

委任状(PDF)

※対象年齢で鳴門市での接種履歴がない方には令和4年4月下旬に予診票等の接種案内をお送りしていますが、接種を希望される方で、転入等で書類が届かなかった方、1回または2回接種を受けている方、書類を紛失した方等については、接種の有無が確認できるもの(母子健康手帳等)をもって健康増進課までお越しください。

※転出した場合は、鳴門市の予診票は使用できません。転出先市町村へご確認ください。

 

5.接種費用

無料

※対象年齢以外のかた、規定回数を超えて接種されるかたは自己負担になります

 

6.接種回数と接種間隔について

HPVワクチンは2種類(2価ワクチン:「サーバリックス」、4価ワクチン「ガーダシル」)あり、どちらも接種回数は3回です。種類によって接種間隔が違いますのでご注意ください。なお、有効性等の観点から、3回とも同じ種類のワクチンを接種してください。(取り扱いワクチンは、各医療機関にお問い合わせ下さい。)

定期予防接種の接種回数と接種間隔について

※新型コロナワクチンを接種する場合、接種前後2週間は他の予防接種は受けられません。

 

7.副反応と接種後の注意について

HPVワクチン接種後に見られる主な副反応として、発熱や接種した部位の痛みや腫れ、注射部の痛み・恐怖・興奮などをきっかけとした失神があります。失神し、転倒して怪我をする例も報告されているため、接種には必ず保護者の方が付き添うようにし、接種後の移動の際には腕を持つなど転倒に注意し、接種後30分程は体重を預けられるような場所で様子を見るようにしてください。

HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ(厚生労働省)

徳島県ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口(徳島県)

予防接種による健康被害救済制度(厚生労働省)

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード