電話リレーサービス

電話リレーサービスとは

通訳オペレーターが手話・文字と音声を通訳することで、音声による電話が困難な聴覚や発話に困難がある方とその電話の相手方とを、24時間365日、電話で双方向につなぐサービスです。

本サービスを利用するためには、事前に一般財団法人日本財団リレーサービスのホームページから利用登録を行っていただく必要があります。

利用登録は、令和3年6月1日から受付が開始されており、サービスの提供開始は、令和3年7月1日からです。

詳しい内容は、こちらをご覧ください。

 

利用にあたって必要な機器

インターネットにつながる端末(パソコン、スマートフォン、タブレット)

 

利用者負担

通信料・通話料は、発信者の負担となります。

 

みなさまへのお願い

令和2年6月5日に「聴覚障害者による電話の利用の円滑化に関する法律」が国会で可決され、公共インフラとしてのサービスの提供が、令和3年7月1日から始まります。

通訳を介しての通話は、一般的な会話と比べて返答に時間がかかるため、電話リレーサービスによる通話を受けられた場合には、サービスへのご理解、ご協力をお願いいたします。

 

お問い合わせ先

電話リレーサービスの利用登録・利用方法・サービス内容について

電話リレーサービス提供機関(一般財団法人日本財団電話リレーサービス)
電話番号:03-6275-0910(受付時間:9:00~18:00(年末年始を除く。))
FAX:03-6275-0913
MAIL:info@nftrs.or.jp
HP:https://nftrs.or.jp/

電話リレーサービス制度について

総務省(電気通信消費者相談センター)
電話番号:03-5253-5900(受付時間:平日9:30~12:00/13:00~17:00)

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード