子どもの健康診査

乳児一般健康診査

乳児一般健康診査受診票を使って、公費負担により、県内の委託医療機関で4回乳児健診を受けることができます。

受診票は、4枚交付します。出生届時に1枚(1か月健診用)をお渡します。4か月健診、7か月健診、9か月健診受診票は個別に郵送します。

1歳の誕生日の前日までに使用することができます。

 

股関節脱臼検診(LCC)

股関節脱臼とは、足のつけねの骨と骨盤をつなぐ関節がしっくりいかない状態や、 はずれている病気です。早く発見し、適切な治療をすれば大部分は治すことができます。生後2か月・4か月の2回は検診を受けましょう。

  • 受付時間:12:40~13:20 
  • 実施場所:鳴門ふれあい健康館(鳴門健康福祉交流センター)
  • 内容:整形外科医による診察
       育児相談・栄養相談(希望者のみ)
  • 受診月:1回目 2か月になる月
        2回目 4か月になる月

1歳6か月児健診・3歳児健診の実施方法の変更について

鳴門市では新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、密を回避し待ち時間を短縮するため、令和3年3月より1歳6か月児健診・3歳児健診の内科・歯科診察が医療機関での健診に変わります。

一次健診(鳴門ふれあい健康館で実施する集団健診)を受診の後、二次健診(市内医療機関による内科健診・歯科健診)を受診します。必ず一次健診を先に受診してください。一次健診受診日より前に二次健診を受けることはできません。

健診の対象となる方には、個別通知でご案内いたします。

1歳6か月児健診

●一次健診(鳴門ふれあい健康館で実施する集団健診)
対象になる月に通知いたします。
・受付時間:個別にご案内します。お問い合わせください。
・実施場所:鳴門ふれあい健康館(健康福祉交流センター)
・内容:問診、身体計測、発達検査、歯科指導、育児・栄養相談

●二次健診(市内医療機関による内科健診・歯科健診)
・実施場所:市内医療機関
・内容:内科診察、歯科診察

※二次健診の詳細については、一次健診当日にご案内します。
受診前に必ず医療機関へ電話等連絡をお願いします。事前連絡がない場合、受診できないことがあります。
※一次健診と二次健診を受診し、健診完了となります。

3歳児健診

●一次健診(鳴門ふれあい健康館で実施する集団健診)
対象になる月に通知いたします。
・受付時間:個別にご案内します。お問い合わせください。
・実施場所:鳴門ふれあい健康館(健康福祉交流センター)
・内容:問診、尿検査、身体計測、発達検査、発達診察、視力・聴力検査(事前に家庭で実施)、育児・栄養相談

●二次健診(市内医療機関による内科健診・歯科健診)
・実施場所:市内医療機関
・内容:内科診察、歯科診察

※二次健診の詳細については、一次健診当日にご案内します。
受診前に必ず医療機関へ電話等連絡をお願いします。事前連絡がない場合、受診できないことがあります。
※一次健診と二次健診を受診し、健診完了となります。

 

育児支援・相談

離乳食相談

「離乳食ってどうやって始めたらいいの?」「どういう風に進めていったらいいの?」「固さや量はどのくらい?」など
離乳食に関する不安や疑問を少しでも解消できるように離乳食相談を実施します。
※予約制です。

令和4年度離乳食相談[PDF:115KB]

 

育児支援事業

「親子はぐくみ教室」

子どもの発達に合った遊びや関わり方を言語語聴覚士や作業療法士、保育士などがお伝えします。
「うちの子寝返りしないけど大丈夫かな」
「離乳食を食べてくれない」  「夜泣きがひどい」
「どんなふうに遊べばいいのかわからない」など、 子どもさんの発達や関わり方について
気になることがあれば、子育て世代包括支援センターへご相談ください。
※予約制です。

令和4年度親子はぐくみ教室[PDF:388KB]

 

発達相談

お子さんの発達について心配なことなどを公認心理士などの専門家の相談を予約で行っています。
一人ひとり得意な事・苦手な事、物事の理解の仕方や覚え方は違います。
発達相談では、発達検査でお子さんの得意な事、苦手な事を確認しながら
お子さんの得意なところを活かして対応するための方法を専門の先生と考えていきます。
※予約制です。

 

子どもの発達支援事業

『いきいき子育てすくすく鳴門っ子 ~ 就学前の子育て相談室 ~』

小学校入学前の児童やその保護者を対象に保護者の悩み事の軽減が図れるように臨床心理士などによる相談を実施しています。
相談や支援が必要な対象者には、専門家による相談等に繋げる等個別対応を行っています。
(対象となる月齢のお子さんには個別通知をしています。)
※予約制です。

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
TEL:088-684-1049

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード