平成29年度行政評価 実施概要

実施方針

  1. 公正の確保と透明性向上のため市民との情報の共有化を推進する。
  2. 鳴門市自治基本条例第25条に定める行政評価結果を予算編成に反映させる。
  3. 市民にとって分かりやすく、シンプルな行政評価を実施する。

 

評価手法

  1. 評価の対象:事務事業 
  2. 評価の機関:内部 
  3. 評価の時期:平成28年度に実施した事務事業に対する事後評価及び平成29年度の実施状況を踏まえた評価

 

評価対象となる事務事業

平成28年度総合計画実施計画に基づく事務事業。(150事業)

 

事務事業評価の進め方

(1)推進体制

①評価シートの作成(担当課)

 各所属において、各事務事業の担当者が評価シートを作成し、所属長が点検した後、各部長の確認を受ける。    

②評価シートの確認(各部長)

 各部長の確認を経た後シートを戦略企画課へ提出する。

③総合計画策定委員会

 提出された評価シートにて、内部の視点評価の最終決定とする。(8月下旬)

④最終意思決定

 策定委員会の結果をもとに、市が最終意思決定を行う。

 

(2)評価項目等

①有効性について
 A「有効性があった」
 B「概ね有効性があった」
 C「あまり有効性がなかった」
 D「有効性がなかった」

②効率性について
 A「効率性があった」
 B「概ね効率性があった」
 C「あまり効率性がなかった」
 D「効率性がなかった」

③成果に対する評価について
 A:目標を達成できた。(達成率100%以上)
 B:概ね目標を達成できた。(達成率80%以上)
 C:あまり目標を達成出来なかった。(達成率60%以上)
 D:目標を達成出来なかった。(達成率60%未満)

④総合的な評価について
  有効性・効率性・成果の3点を踏まえて、事業の総合的な評価をA~Dで評価する。

⑤今後の方向性
  【廃止】、【要改善】、【現状維持】、【拡充】

お問い合わせ

戦略企画課
TEL:088-684-1120