ボートレース事業のあゆみ

ボートレース事業年表

 
昭和 27
3
17
施行認定
28
4
24
初開催
      4日間入場人員   19,159人  売上金額   13,814,100円
      1日平均入場人員  4,790人 1日平均売上金額  3,453,500円
41
5
23
松茂町・大麻町と共催
42
1
1
大麻町と鳴門市との合併により、松茂町と共催
44
4
12
松茂町・北島町・板野町と共催
46
5
17
松茂町・北島町・板野町・藍住町と共催
49
1
12
1日10レース制実施
52
4
16
BG特別協賛レース実施(月1回、年12日)
~53
4
15
57
9
18
第2号特別競走実施(年12日)
59
12
31
条件付12レース制実施
60
8
4~8
オール女子レース実施
 
10
31
暴力団、ノミ屋等排除実施
 
12
30
オール12レース制実施
61
5
6~7
笹川賞競走の場外発売実施
62
10
12~13
全日本選手権競走の場外発売実施
 
12
20~22
G・P競走の場外発売実施
63
3
28~29
鳳凰賞競走の場外発売実施
 
8
8~9
M・B記念競走の場外発売実施
 
11
15
払戻機導入
平成 元
3
4~9
企業杯競走の実施
2
1
20
電話投票の実施
 
8
23
スタート一括化の実施
3
4
4
枠番順位の変更と出走表の大型化を実施
 
6
24~25
グランドチャンピオン競走の場外発売実施
 
9
20
スタート練習廃止
6
1
25~26
新鋭王座決定戦競走の場外発売実施
 
10
29
トータリゼータシステム(T-4)の導入
7
2
15~16
四国地区選手権競走地区発売実施(丸亀)
 
4
6
瀬戸内地区共通会員制電話投票実施
8
7
21~22
第1回オーシャンカップ競走場外発売実施
 
8
12
ボートピア土佐オープン(高知県赤岡町(現香南市))
9
1
23~28
施設改善特別競走の実施(ボートピア土佐開場に伴う)
 
6
1
鳴門警察署に鳴門競艇場テレビモニターを設置
 
8
1
新外向前売発売所オープン(マークカード方式)
      内向前売投票所(マークカード方式)第10投票所に移設
10
2
24
CATVに実況放送開始(2局)
 
11
19
自動払戻機28台稼動(全投票所)
11
4
  特別競走開催時に山陽明石駅東口高架下から臨時貸切無料バスを運行
 
9
30
航走指示灯を設置
 
11
19
ボートピア土佐に両用機(自動発払機)2台設置
12
2
11
指定席でマークカード方式を導入
 
4
1
松茂町ほか三町競艇事業組合から藍住町が脱退し、三町と共催
13
2
13~28
新投票法(三連勝方式)及び同時発売関係工事の実施
 
3
1
全窓口でマークカード方式を導入
 
3
30
新投票導入に伴うシミュレーションレースを実施
 
7
27
鳴門競艇新生プラン検討会設置
 
8
13
流し、ボックスのマークカードを導入
14
4
4
JR運賃等払戻し制度を廃止
      第一指定席に団体席(44席)新設
 
5
3
外向前売発売所でサマータイム発売として 7:00から早朝発売
 
~9
23
 
7
17
自動発売発券機20台設置(第2B投票所、第8投票所)
 
8
13
スタート展示導入
 
9
12
鳴門競艇新生プラン策定
 
10
2
場内食堂及び売店において酒類を販売
15
4
4
内向前売当回締切実施
 
4
25
スタート展示一括化開始
 
7
2
北島ひのき・エーアイテレビ・国府町CATV・石井町CATV
      実況放送開始(4局)
 
9
24
日本レジャーチャンネル実況放送地上回線で開始
 
10
24
自動発売発券機20台設置(第2A投票所)
 
11
21
冠杯競走を実施
16
4
7
大型映像装置導入
     
大型映像装置          大型映像装置
      ブロードバンド実況放送開始
      鳴門競艇新マスコットキャラクター「なるちゃん」に決定
         マスコットキャラクター「なるちゃん」
      ボートピア土佐併用発売実施
 
4
29
スタート展示「スロー・ダッシュ」の廃止
 
7
27
ナイターレースの併用発売実施
 
8
28
大型映像で映画鑑賞会を開催
 
9
15
競走水面整備事業竣工式
 
10
1
なるちゃんカード(ポイントカード)サービス開始
17
3
1
ボートピア土佐でごめん・なはり線運賃払戻サービススタート
 
3
2
指定席の前売発売開始
 
3
30
ナイター用照明設備を駐車場に設置
 
4
1
鳴門市企業局競艇として組織・機構を変更
      管理者として局長をおく
      場外発売時のファン無料バスと自場開催の高松、明石線無料バスの廃止
 
5
10
リレーナイター発売開始 49日発売
 
11
12
指定席3日間無料開放
18
11
17
AED対応型自動販売機設置
19
5
20
チャリティーオークション(徳島支部及び周年競走出場選手出展)を実施
 
8
18~19
科学体験フェスティバル実施・なるちゃん夏まつり
 
8
24~25
選手トークショー・アナゴつかみ取り大会実施・なるちゃん夏まつり
 
8
30
トータリゼータシステム(T-6)導入(鳴門、土佐)
      ポートピア土佐一般席映像装置更新
      日本レジャーチャンネルからの映像配信へ変更
  9
8
観戦ツアー(60名参加、日本財団主催)受け入れ
 
12
7~8
ボートピア土佐ファンの鳴門競艇場への観戦ツアーを実施
 
12
9
チャリティーオークション(徳島支部MB大賞出場選手出展)を実施
20
5
3
選手会徳島支部による鳴門病院への車イス寄贈式を実施
   
13
チャリティーオークション(徳島支部及び周年競走出場選手出展)を実施
 
6
19
美馬市と「オラレ美馬(仮称)」の設置に関する行政協定締結
 
7
26
第2回科学体験フェスティバル実施
 
9
28
チャリティーオークション(女子選手出展)を実施
 
10
1
鳴門競艇公式ウェブサイトリニューアル
 
11
1
新場間場外発売システムを導入、運用開始
      場内テレビの更新(液晶モニター化)
      ボートピア土佐、独立場外発売場へと変更
21
4
14~19
全国発売「GI第10回競艇名人戦競走」を開催
   
18・19
競艇初心者教室の開催
 
6
4
選手会徳島支部による鳴門授産センターほか4施設への車椅子贈呈式を実施
   
8
整備ピット見学ツアーを開催
 
7
8
鳴門競艇のあり方に関する検討会議設置
 
10
14
オラレ美馬オープン(美馬市美馬町)
22
3
21
整備ピットの交換
 
5
1
選手会徳島支部による社会福祉協議会への寄付金贈呈式
 
6
3
企画番組「鳴門の3段ロケットレース」開始
   
26
ファン送迎用マイクロバス購入
 
7
29
横西奏恵選手写真集「ON and OFF」発売
 
8
7
ファン感謝祭の実施
 
9
  ボートレース鳴門経営改革アクションプラン策定
 
10
11
中国人観光客85人が来場
23
1
  4節連続の企画レース「鳴門大戦」の実施
      フォトコンテストの開催
 
3
19~24
東日本大震災の影響により「第4回鳴門商工会議所会頭杯競走」を中止
 
4
  平成23年4月~5月の開催を「東日本大震災被災地支援競走」として開催
      場内での募金活動、選手チャリティーオークションなどを実施
 
4
1
ボートピア土佐管理運営の民間委託を実施
 
5
28
大塚国際美術館見学とフレンチの昼食 ボートレース鳴門体感ツアーの実施
 
6
18
大塚国際美術館見学と和昼食 ボートレース鳴門体感ツアーの実施
 
7
22
薄暮レースの実施
 
~8
2
 
10
22
外向発売所「エディウィン鳴門」オープン
24 2
25
学生モニターツアーの実施
  10
26
ボートレース鳴門施設改善研究会設置
25
1
17
指定席及びエディウィン鳴門にキャッシュレス投票
      (なるちゃんeクラブキャッシュレスカード)導入
 
2
3
ボートレース教室(ボートレース振興会主催)
 
7
28
大時計昇降機の故障により「第39回日刊スポーツ杯競走」最終日を中止
 
8
6~11
全国発売「GⅠ第27回女子王座決定戦競走」を開催
   
11
ボートレース振興会主催来場ツアー
 
11
9・10
アマチュアモーターボートレース「全日本K400選手権大会2013」を開催
   
30
新スタンド基本計画・基本設計策定
26
1
18
ブロガー来場ツアー
   
30
ボートレース鳴門施設写真集「HISTORY」発売
  2
24
国の撫養港海岸保全施設整備事業及び鳴門本場施設改善事業に伴い、本場レース開催を休止
 
3
15
有料指定席の設置、発売窓口の増設など、外向発売所「エディウィン鳴門」を増床し、リニューアルオープン
      本場施設の解体に伴い、事務所を旧教育委員会棟に仮設事務所として移転
 
4
1
外向発売所「エディウィン鳴門」で5場併売開始
 
7
19~24
「ヴィーナスシリーズ第6戦うずひめちゃんカップ競走」をボートレース宮島で代替開催
 
7
31
「GⅢサントリー ザ・プレミアム・モルツカップ競走」をボートレース宮島で代替開催
 
~8
5
 
9
30
「GⅢなると金時杯 第30回渦の女王決定戦競走」をボートレース宮島で代替開催
 
~10
5
 
10
11
モニター、椅子の増設など小規模場外発売場「オラレ美馬」を増床し、リニューアルオープン
   
19
鳴門ウチノ海総合公園まつりにボートレース鳴門ブースを出展
  11
4~9
「GⅠ大渦大賞IN宮島 鳴門開設61周年記念競走」をボートレース宮島で代替開催
  12
25
新スタンド実施計画・実施設計策定
27
1
7~12
「男女W優勝戦!テレボートカップ・第15回JLC杯競走」をボートレース宮島で代替開催
   
15
新スタンド起工式
 
2
10~15
「GⅠ第58回四国地区選手権競走」をボートレース丸亀で代替開催
 
4
2~7
「GⅢ第31回海の女王決定戦競走」をボートレース宮島で代替開催
 
6
11~16
「匠シリーズ第1戦 マクール杯競走」をボートレース宮島で代替開催
 
7
18~23
「男女W優勝戦!なるちゃんカップ競走」をボートレース宮島で代替開催
 
8
9
鳴門市阿波おどりにボートレース鳴門ブースを出展
 
9
29
「GⅠ大渦大賞IN宮島 鳴門開設62周年記念競走」をボートレース宮島で代替開催
 
~10
4
 
10
3
ボートレース宮島観戦バスツアー
 
 
20~25
「GⅢサントリー ザ・プレミアム・モルツカップ競走」をボートレース丸亀で代替開催
 
11
1
新町川でボートレースのデモンストレーション走行を実施
 
11
27
「3場対抗スカパー!・第16回JLC杯競走」をボートレース宮島で代替開催
 
~12
2
28
2
11
ボートレース鳴門マスコットキャラクター「なるちゃん」のデザインをリニューアル
 
2
29
整備棟選手用ロッカールーム改修完了
 
3
31
新メインスタンド竣工
新施設は、バリアフリー・完全分煙施設でメインスタンドのほかフードコート、キッズルーム、別棟にエキサイティングステージ及び特別観覧施設ROKUを設置し、多目的に利用できる芝生広場も整備した
 
4
23~24
ボートレース鳴門プレオープンイベント開催
23日、オープニングセレモニーを実施。両日とも、よしもとお笑いライブや新喜劇、徳島支部選手トークショーや戦隊ショーのステージイベントのほか、ペアボート&ゴムボートの乗艇体験、芝生広場では飲食ブースの出店やなるとうずトラ市を開催。また、吉本新喜劇の池乃めだか氏をボートレース鳴門PR大使に任命
 
 
 
場内に公衆無線LAN配備
 
 
28
鳴門本場での2年間の休催期間を経て、ボートレースを再開
 
 
 
2016電話投票キャンペーン開始(~3月)
 
7
13~18
ボートレース鳴門で初めてSG競走「SG第21回オーシャンカップ」を開催
芝生広場には仮設大型テントを設置し、セレモニーやステージイベントを実施
 
 
23~24
自作「ダンボールボートレース2016」をボートレース鳴門本場で開催
24日は「第1回夏祭り」も同時開催
 
8
7
四国最大級10m×20mの大型エア遊具「なるちゃんワールド」を運営開始
 
9
11
「ちびっこのりだー2016ボートレース鳴門グランプリシリーズ第4戦」を開催
 
10
8
元卓球女子日本代表監督 近藤欽司氏による講演会を特別観覧施設ROKUにて開催
 
 
24
ボートレース鳴門アクションプラン策定のため、ボートレース鳴門事業戦略プラン検討委員会設置
第1回検討委員会開催(以降検討委員会2回、専門分科会2回開催)
 
 
27
本場及びエディウィン鳴門内の飲食店・売店でなるちゃんeCLUBキャッシュレスカードの利用開始
 
11
20
「ちびっこのりだー2016ボートレース鳴門グランプリシリーズ決勝大会」開催
 
12
3
「ウォータースクリーンイリュージョン」開催
同日、駐車場では鳴門商工会議所主催クリスマスマーケットも開催され、ボートレース鳴門には1日で18,000名の来場者が訪れた
 
 
18
特別観覧施設ROKUにおいて婚活イベント「X’mas Party」を開催
29
1
 
民間事業者が、ボートレース鳴門敷地の一部を貸借し、物販設備を伴う温浴施設の建設を始める
 
 
26
桑島テニス場5面のうち2面を人工クレイコートに改修着工
 
 
29
女性を対象にしたBRG木戸弥生の第1回「ドキドキボレ女会~アイシングクッキーの巻~」を特別観覧施設ROKUにて初開催
同日、ファン感謝イベント「特別観覧席ご招待ツアー(ポートピア神戸新開地)実施」
 
2
5
ファン感謝イベント「特別観覧席ご招待ツアー(ポートピア梅田)」実施
 
 
11
「GⅠ第60回四国地区選手権壮行会」トークショー開催
 
2
 
「ボートレース鳴門経営戦略アクションプラン2016(素案)」を作成
 
3
5~6
電話投票会員向けボートレース鳴門観戦ツアー実施
 
3
19
「ド迫力のペアボート体験!ボートレースを楽しもう!」開催
 
 
24~25
電話投票会員向けボートレース鳴門観戦ツアー実施
 
 
26
ヴィーナスシリーズ第12戦6日目、事務所に爆破予告の電話があり、安全確保のため5レース以降中止。爆発物は発見されず、翌27日に優勝戦を実施
 
4
23~24
鳴門市制施行70周年記念事業
「清原伸彦氏」×「BOATRACE鳴門」
23日 講演会(於 ボートレース鳴門)
24日 「集団行動」演技&学生指導(於 大塚スポーツパーク)
 
6
10
「ちびっこのりだー2017ボートレース鳴門グランプリシリーズ開幕戦」開催
 
 
20~25
ボートレース鳴門では2度目となるSG競走「SG第27回グランドチャンピオン」を開催
芝生広場には仮設大型テントを設置し、セレモニーやステージイベントを実施
23日~25日には電話投票会員向けボートレース鳴門観戦ツアーを実施
 
7
30
競走水面を活用した市民参加型イベント「第1回海上大運動会」を開催
「ペットボトルボートレース」、「会場激走バトル」、「水鉄砲合戦」の3種目の競技を実施
 
8
7
撫養川でボートレースのデモンストレーション走行(台風のため中止)
 
11
17
民間事業者によりボートレース鳴門敷地内に飲食・物販設備を伴う温浴施設「あらたえの湯」が開業
 
12
2~3
「ウォーターファンタジー2017」開催
2日には鳴門商工会議所主催クリスマスマーケット、3日には「ちびっこのりだー2017ボートレース鳴門グランプリシリーズファイナル」も併せて開催
ボートレース鳴門には2日間で延べ28,000名の来場者が訪れた
 
 
9~14
「GⅠ大渦大賞鳴門開設64周年記念競走」開催
 
 
9
JA徳島北女性部による新鮮朝市を初開催
新鮮な野菜や赤飯などを販売
30
1
14
ねこねこフェスティバル2018 in BOATRACE鳴門 開催
 
4
1
小規模場外発売場「オラレ美馬」に特別席の新設などの改装を加えリニューアルオープン
 
 
15
上半期を通じたサマータイムレース開催開始
 
 
29
ボートレースシネマ初開催
 
5
19
鳴門市桑島テニス場 なるちゃんコート(プレイパーク)リニューアルオープン
 
7
28
「ボーネルンド」の遊具を活用したボートキッズパークを初開催
 
~8
5
 
8
7
撫養川でボートレースのデモンストレーション走行
 
9
16~17
「ウォータースペクタクルワールプール2018」開催
ふれあい移動動物園等のファミリー向けイベントも同時開催
ボートレース鳴門には2日間で延べ28,000名の来場者が訪れた
 
 
4
台風21号の影響によりピット等が破損
予定されていた9月5日~11日のヴィーナスシリーズを中止
 
 
22
下半期を通じたモーニングレース開催開始
 
11
17
ウズパーク グランドオープン
堀米雄斗をはじめとしたプロスケーターによるデモンストレーションを実施し、約800人が来場
31 1 13 ねこねこフェスティバル2019 in BOATRACE鳴門 開催
  2 10 ウズパークへの来場者が1万人を突破