森林環境譲与税の使途公表について

森林環境税及び森林環境譲与税の創設

 平成31年3月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が成立し、パリ協定の枠組みの下における日本の温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止を図るため、森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から、森林環境税及び森林環境譲与税が創設されました。

森林環境譲与税の使途

 森林環境譲与税は、間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の「森林整備及びその促進に関する費用」に充てることとされています。なお、森林環境譲与税の使途については、インターネットの利用等により公表しなければならないとされています。

令和3年度 森林環境譲与税の使途公表[PDF:68.7KB]

令和2年度 森林環境譲与税の使途公表[PDF:376KB]

令和元年度 森林環境譲与税の使途公表[PDF:65.4KB]

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード