有形文化財彫刻 木造阿弥陀如来坐像

種別 有形文化財彫刻
名称 木造阿弥陀如来坐像
員数 1躯
所有者 光徳寺
年代 鎌倉時代
指定の理由及び文化財的特徴

木造寄木 内刳 肉身金泥 着衣漆箔
推定鎌倉年代の作

両手で定印形の阿弥陀像で寄木内刳り・彫眼であるが、右手は肘より先、左手は手首より先、膝前などは後補と見られる。肉身には金泥がほどこされ、着衣の部分は漆箔であるが、ともに後補と見られる。像の製作年代は鎌倉時代とみられる。

参考文献
『鳴門市史』上巻 昭和五一年三月三一日発行 四三七ページ参照

写真

所在地 撫養町小桑島