天然記念物 長谷寺のオハツキイチョウ

種別 天然記念物
名称 長谷寺のオハツキイチョウ
員数 1樹
所有者 長谷寺
年代  
指定の理由及び文化財的特徴

鳴門市最大のイチョウの古木であるばかりでなく、葉の両端が接合した、いわゆるラッパイチョウや葉に実をつけるオハツキイチョウが交じり、徳島県下でも極めて珍しいものである。また、横に枝を広げた樹形は美しく、巨木・老木としての風格を備え、後世に残すべき価値のある銘木である。

主幹は昔の落雷で、上部で折れて枯損し、腐朽がやや進行しているものの、主幹の一.五メートル付近の周囲から萌芽した小枝が群がって生え、三方に延びた大枝によって笠状の端正な樹形を形成している。枝の広さは東西約一六メートル、南北約一六メートルである。

写真

所在地 撫養町木津