有形文化財古文書 瑞龍志

種別 有形文化財古文書
名称 瑞龍志
員数 天地2巻
所有者 正興寺
年代 江戸時代
指定の理由及び文化財的特徴

紙本墨書 正興寺の開創享保10年(1725年)から明治26年に至る168年間の記録で、地勢、堂宇建立の趣旨、諸行事の起源、歴代和尚の行積等を詳記したもの。

瑞龍とは正興寺の山号である。本書は、正興寺の開創した享保一〇年(一七二五)から明治二六年にいたる当寺の記録で、寺院の地勢、堂宇建立の趣旨、諸行事の起源、歴代和尚の授法業績などを詳記したもので、天地二巻からなる。

参考文献
『正興寺』正興寺住職吉田寛如著 昭和四九年一一月一九日発行

写真

所在地 撫養町斎田