埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の取り扱いについて

 埋蔵文化財包蔵地(遺跡)において、掘削を伴う開発事業等を行う場合、着手60日前までに文化財保護法第93条届出(以下、届出という。)の提出をお願いします。徳島県知事殿と鳴門市教育委員会教育長殿宛それぞれ1部ずつ計2部の提出を市教育委員会文化財担当課にご提出ください。
 届出提出後、事務処理を経て届出申請者に届出地において、今後どう対処するかの回答指示書(確認調査・工事立会・慎重工事)が届きます。届出者は、回答指示書の内容が確認調査あるいは工事立会であれば、市教育委員会文化財担当課と開発にあたって事前協議を行ってください。主な事前協議は、日時の調整等です。慎重工事であれば、届出の工事着手日以降に工事を慎重に行ってください。慎重工事中、埋蔵物を確認した場合は、すみやかに市教育委員会文化財担当課にご連絡ください。

  • 埋蔵文化財包蔵地(遺跡)における届出の流れ

文化財保護法第93条届出様式[DOC:46.5KB]