マイナンバーカードの保険証利用について



マイナンバーカードをお持ちですか?

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。
~令和3年3月からは一部運用開始。本格運用は令和3年10月20日からとなります。~

  • 令和2年度以降、医療機関や薬局で、順次必要な機器が導入され、受付窓口等でマイナンバー カードをカードリーダーにかざすことにより、医療保険資格の最新情報がオンラインで確認できるようにな ります。
  • カードリーダーが導入されていない医療機関・薬局では、これまでどおり保険証が必要となります。
  • 下記の厚生労働省のお知らせをご参照ください。

マイナンバーカードの保険証利用についてはこちら(厚生労働省のユーチューブチャンネル)

マイナンバーカードの保険証利用についてのお知らせ(厚生労働省のサイト)

 

マイナンバーカードの保険証利用にあたっては、初回登録(保険証としての登録)が必要です。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、あらかじめ初回登録を済ませておく必要があります。初回登録の申込手続は、スマートフォンまたはパソコンからインターネットの「マイナポータル」サイトにアクセスし、「健康保険証利用の申込」から登録ができます。

  • パソコンからの手続きの場合は、ICカードリーダーが必要となります。

マイナポータルトップページはこちら

 

マイナンバーカードを健康保険証利用するメリット

  • 就職、転職、引っ越しをしても健康保険証としてずっと使うことができます。
    ※保険者への加入・喪失の届出は引き続き必要です。
  • 高齢受給者証や限度額適用認定証などの書類の持参が不要になります。
  • 本人の同意のもと、医師や歯科医師がオンラインで薬剤情報や特定健診情報を、薬剤師も薬剤情報を確認できるなど、より多くの情報をもとに診療や服薬管理が可能となります。
  • マイナポータルを通じた医療費情報の取得により、医療機関等の領収書がなくても、確定申告で医療費控除の手続きができるようになります。

 

よくある質問と回答(Q&A)(令和3年9月)

Q:現在使用している健康保険証は使えなくなるのでしょうか。
A:現在交付している国民健康保険証や後期高齢者医療被保険者証はこれまでどおり使用できます。

Q:今後は健康保険証が交付されなくなるのでしょうか。
A:マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになっても、引き続きすべての国民健康保険及び後期高齢者医療保険加入者の皆さまに被保険者証を交付します。
(国民健康保険及び後期高齢者医療保険以外の方については、各保険者へお問い合わせくださ い。)

Q:令和3年10月20日からは、マイナンバーカードがないと受診できないのでしょうか。
A:すべての医療機関や薬局で、今までと同じように健康保険証で受診することができます。

Q:マイナンバーカードを健康保険証として利用できる医療機関や薬局は、どうすれば知ることができますか。
A:マイナンバーカードが健康保険証として利用できる医療機関や薬局の一覧は厚生労働省・社会保険診療報酬支払基金のホームページで掲載予定です。また、当該医療機関や薬局においても、マイナンバーカードが健康保険証として利用できることが分かるようにポスター等が掲示される予定です。

マイナ受付