ブックスタート事業

 ブックスタートは、赤ちゃんとその保護者の方に、絵本を開く楽しい体験といっしょに絵本を手渡し、心ふれあうひとときを持つきっかけをつくる活動です。

 鳴門市に住所を有するすべての赤ちゃんを対象に、4か月健診後に実施しています。毎月第2木曜日、老人福祉センター3階で、4か月健診を受ける赤ちゃんとその保護者の方に、ブックスタート・パックをお渡しします。ボランティア「ゆりかご」の会員による読み聞かせや、アドバイス・おすすめの絵本紹介なども行います。

 また、令和3年度よりブックスタート事業の拡充を行い、令和3年4月1日以降に鳴門市に出生した赤ちゃんの保護者に対しては、赤ちゃんのお名前などが絵本に入ったオリジナル知育絵本をお贈りしています。

※4か月健診時に実施していたブックスタート事業につきまして、現在新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、読み聞かせは休止とし、対象のお子様には郵送でご案内し、鳴門市役所子どもいきいき課窓口で絵本のお渡しを行っています。

ブックスタートパック・内容

  • 絵本1冊(「いない いない ばあ」他)
  • 「赤ちゃんうずっ子ブックン」(おすすめ絵本の紹介)
  • 図書館利用案内・通信他

ブックスタート

<令和3年度より拡充>

お問い合わせ

健康福祉部 子どもいきいき課
TEL:088-684-1657

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード