鳴門市保育士等人材確保推進事業について

令和3年度より、本市では、保育士人材確保のため、下記の事業を実施しています。

  1. 就労支援事業
  2. 転入支援金給付事業
  3. 勤続手当事業
  4. 勤続奨励金事業
  5. 保育施設利用選考加点

 

【対象施設】
 市内の私立認可保育所及び認定こども園のうち、当該事業を実施する施設。
 ※支援金については、施設を通じて保育士に支給されます。

【対象保育士の要件】
 ・上記対象施設に雇用された常勤または、短時間で勤務する保育士や保育教諭であること。
 ・過去1年以内に、他の事業者が運営する市内の保育所等での勤務実績がないこと。
 ・過去にこの要綱による補助金を財源とした補助を受けていないこと。

【補助金額】
 ・常勤 1年間就労した場合、一人あたり10万円 
     年度途中に就労し、翌年3月31日までの期間で、6カ月以上就労した場合、5万円
 ・短時間 1年間就労した場合、一人あたり5万円 
      年度途中に就労し、翌年3月31日までの期間で、6カ月以上就労した場合、2.5万円
 ※対象期間は、毎年4月1日から翌年の3月31日までです。

 

【対象者】
 市内の私立認可保育所及び認定こども園のうち、当該事業を実施する施設に勤務する常勤保育士。
 ※申請は、保育士本人が市に直接行う。

【対象保育士の要件】
 ・就労支援金の対象者のうち、常勤職員(正規)の方が、鳴門市外から就労を機に住民票を鳴門市に異動させる方であること。
 ・過去1年以内に、他の事業者が運営する市内の保育所等での勤務実績がないこと。
 ・過去にこの要綱による補助金を財源とした補助を受けていないこと

【補助金額】
 ・一人あたり10万円 
 ※対象期間は、毎年4月1日から翌年の3月31日までです。

【申請方法】
次の書類をご提出ください。詳しい内容については、鳴門市保育士転入支援金給付事業実施要綱をご参照ください。
・鳴門市保育士転入支援金給付事業実施要綱
・転入支援金申請書(様式第1号)
・補助金請求書(様式第7号)※事業完了後に提出
※必要に応じてその他の書類をお願いすることがあります。

 

【対象施設】
 市内の私立認可保育所及び認定こども園のうち、当該事業を実施する施設
※手当については、施設を通じて保育士に支給されます。

【対象保育士の要件】
 ・上記対象施設に雇用され、同一施設に1年以上連続して勤務(法人内の異動の場合は連続とみなす)する常勤職員の保育士等(非常勤、短時間職員は対象外)

【補助金額】
 ・2年から10年未満の勤務する対象保育士 月額3千円
 ・10年以上勤務する対象保育士      月額5千円
※対象期間は、毎年4月1日から翌年の3月31日までです。

 

【対象施設】
 市内の私立認可保育所及び認定こども園のうち、当該事業を実施する施設。
 ※奨励金については、施設を通じて保育士に支給されます。

【対象保育士の要件】
 ・上記対象施設において、同一施設に連続して勤続年数が満5年を経過するごとに、当該経過する年度の翌年度に在籍する保育士等(常勤、短時間を問わない)及び施設長、副施設長(法人内の異動の場合は連続とみなす)

【補助金額】
・対象保育士 一人あたり5万円
※対象期間は、毎年4月1日から翌年の3月31日までです。

 

鳴門市内の認可保育施設に勤務、もしくは、勤務することが内定している場合で、市内の認可保育施設を利用する場合は、利用調整において加点します。

 

ダウンロード

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード