消毒用アルコールの安全な取扱いについて

アルコール等の安全な取扱いについて(火災予防上の一般的な注意事項)

新型コロナウイルス感染症に伴い、消毒用アルコールを使用する機会が増えています
※火気に近づけると引火しやすい。
※可燃性蒸気は、空気より重く、低いところにたまりやすい。

  1. 消毒用アルコールを使用するときは、火気の近くで使用しない。また、設置や保管する場合は、直射日光が当たる場所や高温になる場所は避ける。
  2. 詰め替える場合は、通気性の良い場所で行い、漏れ、あふれ又は飛散に注意し詰め替えた容器には“消毒用アルコール”や“火気厳禁”の注意事項を記載する。

消毒用アルコールの安全な取扱いについて

お問い合わせ

予防課
TEL:088-684-1333