○鳴門市法定外公共物管理条例施行規則

平成16年6月24日

規則第36号

(趣旨)

第1条 この規則は、鳴門市法定外公共物管理条例(平成16年鳴門市条例第35号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(許可の申請)

第2条 条例第4条第1項の許可を受けようとする者又は条例第5条第2項の規定により引き続き占用しようとする者は、法定外公共物占用等許可申請書(様式第1号)に、市長が必要と認める書類を添付して、市長に提出しなければならない。

(権利の譲渡)

第3条 条例第6条の規定により、権利を譲渡しようとする者は、法定外公共物占用等権利譲渡申請書(様式第2号)に、市長が必要と認める書類を添付して、市長に提出しなければならない。

(地位の承継)

第4条 条例第7条の規定により、地位を承継した者は、法定外公共物占用等地位承継届(様式第3号)に、市長が必要と認める書類を添付して、市長に提出しなければならない。

(原状回復)

第5条 条例第13条第1項又は第2項の規定により法定外公共物を原状に回復した者は、法定外公共物原状回復届(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

鳴門市法定外公共物管理条例施行規則

平成16年6月24日 規則第36号

(平成16年6月24日施行)