○鳴門市青少年会館条例施行規則

平成15年3月20日

教委規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、鳴門市青少年会館条例(平成15年鳴門市条例第27号。以下「条例」という。)第12条の規定に基づき、条例の施行に必要な事項を定めるものとする。

(利用者の範囲)

第2条 鳴門市青少年会館(以下「会館」という。)を利用できる者は、次のとおりとする。

(1) 市内に居住する青少年

(2) 条例第3条に規定する事業の援助活動を行うため必要と認めた者

(3) その他指定管理者が必要と認めた者

(許可申請)

第3条 条例第7条第1項の規定により、会館の利用の許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、あらかじめ指定管理者に青少年会館利用申請書(様式第1号)を提出しなければならない。ただし、指定管理者が認める場合は、この限りでない。

(通知)

第4条 指定管理者は、前条の規定による申請書の提出を受けた場合は、速やかに利用の可否を決定し、青少年会館利用許可決定通知書(様式第2号)により当該申請者に通知するものとする。ただし、前条ただし書の場合は、この限りでない。

(利用者の遵守事項)

第5条 会館を利用する者(以下「利用者」という。)は、次の事項を守らなければならない。

(1) 指定管理者が指示した事項

(2) 利用室内外の清掃、整頓に留意すること。

(3) 他の利用者の迷惑になる行為をしないこと。

(退館)

第6条 会館の利用者が退館しようとするときは、利用した備品等を所定の位置に戻し、その旨を指定管理者に届け出なければならない。

(運営委員会の任務)

第7条 鳴門市青少年会館運営委員会(以下「運営委員会」という。)は、会館の運営に関する重要な事項の諮問について調査審議を行い、鳴門市教育委員会(以下「教育委員会」という。)又は指定管理者に対し意見を述べることができる。

(運営委員会の定数)

第8条 運営委員会の委員は、20人以内とする。

2 前項の委員は、次に掲げるもののうちから教育委員会が任命又は委嘱する。

(1) 知識経験者

(2) 教育関係者

(3) 各種団体関係者

(4) 市職員

(委員の任期)

第9条 委員の任期は、2年とする。ただし、再任されることができる。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第10条 運営委員会に会長及び副会長を置く。

2 会長及び副会長は、委員の互選とする。

3 会長は、運営委員会を代表し、議事その他会務を総理する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する。

(会議の招集)

第11条 運営委員会の会議は、会長が招集する。

(庶務)

第12条 運営委員会の庶務は、生涯学習人権課において行う。

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか、会館の運営に関し必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

2 鳴門市同和地区青少年会館条例施行規則(昭和55年教育委員会規則第2号)は、廃止する。

附 則(平成18年6月20日教委規則第5号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月9日教委規則第4号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

画像

画像

鳴門市青少年会館条例施行規則

平成15年3月20日 教育委員会規則第5号

(平成21年4月1日施行)