○鳴門市管理職員特別勤務手当に関する規則

平成3年12月26日

規則第21号

(趣旨)

第1条 この規則は、鳴門市職員諸給与条例(昭和32年鳴門市条例第30号。以下「給与条例」という。)第19条の2に規定する管理職員特別勤務手当に関し必要な事項を定めるものとする。

(管理職員特別勤務手当の額等)

第2条 給与条例第19条の2第3項第1号の規則で定める額は、鳴門市管理職手当に関する規則(昭和42年鳴門市規則第34号)別表第1及び別表第2に掲げる支給額区分に応じ、次の各号に掲げる額とする。

(1) 8万8,500円又は9万8,400円 1万円

(2) 7万9,700円又は8万4,100円 9,000円

(3) 7万2,500円 8,000円

(4) 5万7,700円 7,000円

(5) 4万8,800円又は5万900円 6,000円

(6) 4万1,300円又は4万3,100円 4,000円

2 給与条例第19条の2第3項第1号の規則で定める勤務は、勤務に従事した時間が6時間を超える場合の勤務とする。

3 給与条例第19条の2第3項第2号の規則で定める額は、第1項に掲げる支給額区分に応じ、次の各号に掲げる額とする。

(1) 8万8,500円又は9万8,400円 5,000円

(2) 7万9,700円又は8万4,100円 4,500円

(3) 7万2,500円 4,000円

(4) 5万7,700円 3,500円

(5) 4万8,800円又は5万900円 3,000円

(6) 4万1,300円又は4万3,100円 2,000円

4 給与条例第19条の2第1項の勤務をした後、引き続いて同条第2項の勤務をした職員には、その引き続く勤務に係る同項の規定による管理職員特別勤務手当を支給しない。

5 前各項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認める場合には、別段の取扱いをすることができる。

(雑則)

第3条 この規則の実施に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成4年1月1日から施行する。

附 則(平成7年3月20日規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年4月1日規則第17号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第22号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月24日規則第9号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

鳴門市管理職員特別勤務手当に関する規則

平成3年12月26日 規則第21号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第5類 与/第2章 給料・手当
沿革情報
平成3年12月26日 規則第21号
平成7年3月20日 規則第3号
平成9年4月1日 規則第17号
平成19年3月30日 規則第22号
平成27年3月24日 規則第9号