特定健康診査・特定保健指導

鳴門市国民健康保険にご加入の方を対象に、以下の事業を実施しております。

健診等を積極的にご利用いただき、日頃から健康づくりに努めましょう。

特定健康診査

特定健康診査(特定健診)は、メタボリックシンドロームの概念に着目した、生活習慣病の予防や重症化予防のための健診で、40歳から74歳までの被保険者の方を対象に実施することが義務化されている健診です。

生活習慣病は、自覚症状がほとんどないまま進行し、放置しておくと糖尿病、心疾患、脳血管疾患などの大きな疾病へ進行していくおそれがあります。近年、生活習慣病の占める割合は大きくなっています。 生活習慣病の予防や早期発見には、定期的に健診を受け、体の状態を把握することが重要とされています。

ご自身の健康を守るため、毎年1回、特定健康診査をぜひご利用ください。

受診方法

被保険者証、特定健康診査受診券を持って、健診実施機関で受診してください。

自己負担額は1,000円です。

健診項目[PDF:410KB]

※受診券は、7月上旬に対象となる方(当該年度4月1日現在、鳴門市国民健康保険被保険者で40歳から74歳までの方)に郵送します。有効期限は、12月末日です。

※当該年度において10月以降に75歳になる方は、有効期限が9月末日になっておりますので、お早めに受診してください。

※受診券に同封する健診実施機関一覧表に記載の医療機関で受診してください。

※脳・人間ドックを受診または受診予定の方は、健診項目が重複するため、受診券を送付しません。

※受診券の再発行が必要なかたは、保険課までご連絡ください。

特定保健指導

特定健診の結果、保健指導の対象と判定された方には、健康増進課より「特定保健指導利用券」が送付されますので、お申し込みください。リスクの程度に応じた生活習慣改善に向けた保健指導(支援)を行います。

動機付け支援

初回面接を行い、保健師や管理栄養士と一緒に生活習慣改善に向けた行動計画を作っていただきます。面接から6か月後に取り組みの結果を最終確認します。

積極的支援

初回面接を行い、保健師や管理栄養士と一緒に生活習慣改善に向けた行動計画を作っていただきます。面接から2~3か月後に中間評価として順調に生活習慣の改善が進んでいるか確認を行い、6か月後に取り組みの結果を最終確認します。

お問い合わせ

健康福祉部 保険課
TEL:088-684-1139

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード