新型コロナウイルスワクチンの接種について

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について

お知らせ

令和3年5月に2回目を接種した方に3回目接種券を発送しました。(12月24日)
令和3年3・4月に2回目を接種した方に3回目接種券を発送しました。(11月22日)
令和3年6月に2回目を接種した方に3回目接種券を発送しました。(1月31日)
令和3年7月に2回目を接種した方に3回目接種券を発送しました。(2月9日)
令和3年8月に2回目を接種した方に3回目接種券を発送しました。(2月21日)
令和3年9月1日~9月16日に2回目を接種した方に3回目接種券を発送しました。(3月17日)
12歳~17歳の方も3回目接種の対象となりました。(3月25日)
令和3年9月16日~9月30日に2回目接種をした方に3回目接種券を発送しました。(3月30日)
令和3年6月1日~9月30日に2回目接種をした12歳~17歳の方に3回目接種券を発送しました。(4月1日)
令和3年10月1日~10月17日に2回目接種をした方に3回目接種券を発送しました。(4月14日)
令和3年10月18日~10月31日に2回目接種をした方に3回目接種券を発送しました(4月28日)
令和3年11月1日~11月13日に2回目接種をした方に3回目接種券を発送しました(5月11日)
※ワクチン供給量に応じて、2回目接種日の早い方から、順次接種券を送付します。

【県内の追加接種の状況】(徳島県HP)

3回目接種概要

新型コロナワクチンの感染予防効果や高齢者の重症化予防効果について、時間の経過に伴い、徐々に低下していくことが示唆されています。このため、感染拡大防止と重症化予防の観点から、初回接種(1・2回目)を受けた方に、追加接種を実施します。
※国の審議会等の検討などにより内容が変更となる場合があります。

実施期間

令和3年12月1日から令和4年9月30日

令和3年12月から医療従事者等の接種開始
令和4年1月から高齢者施設等の接種開始
令和4年2月7日から一般の接種開始

対象者・回数

2回目接種完了から原則6か月以上経過した12歳以上の方を対象に1回追加接種

2回目接種日から6か月後の同日から接種可能です。6か月後に同日がない場合は、その翌月の1日から接種できます。

※例 2回目接種日 8月30日、3回目接種日 3月1日

接種日時点で12歳以上の方が対象です。※3月25日より12~17歳も3回目接種の対象となりました

接種費用

無料

接種予約について

①鳴門市コロナワクチン接種コールセンター

電話番号:088-626-7020

受付時間:午前9時から午後5時30分まで(土日祝日を除く)

②Web予約

ワクチン接種予約サイト

Web予約(3回目接種)QRコード

3回目Web予約方法のご案内[PDF:916KB]

特に追加接種が推奨される方

高齢者、基礎疾患をお持ちの方など「重症化リスクが高い方」
重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」
医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い方」

追加接種に関するQ&A

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナワクチンの追加接種の詳しいQ&Aはこちらをご覧ください。(厚生労働省HP)

3回目接種のスケジュール

追加接種の順番については、「医療従事者等」から開始し、次いで高齢者の方へと、おおむね下表の接種スケジュールのとおり進めていきます。接種券については、年齢順ではなく、2回目接種からおおむね6ヵ月以上を経過した方からおよそ1週間ごとに順次、予約ができる時期になりましたら送付しますので、もうしばらくお待ちください。

本市では、これまでと同様、国からのワクチン供給や量に応じて接種券を送付し、安心・迅速・円滑なワクチン接種を進めていきます。市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

3回目接種のスケジュール

接種するワクチン

1、2回目に使用したワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社ワクチンまたは武田・モデルナ社ワクチン)を接種します。
※12~17歳の方はファイザー社ワクチンのみ使用可

追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ(厚生労働省)[PDF:427KB]

3回目接種券について

3回目接種には接種券が必要です。

2回目接種を完了した12歳以上の方に、3回目接種券を発行します。

  • 2回目の接種日によって3回目接種券が届く時期が異なります。
  • 接種券は鳴門市に住民票がある2回接種済みの方を対象に、住民票の住所にお送りします。
     

転入者の方へ
新型コロナワクチンの追加接種(3回目)の接種券について

1 接種券発行申請の概要

 2回目の接種後に鳴門市に転入された方や海外で2回目を接種された方が3回目の接種券を受け取るには、接種券発行申請が必要です。
 申請には接種記録が確認できるもの(接種済証、接種記録書、接種証明書など)の写しの添付が必要です。

2 申請方法

(1)「接種券発行申請書」を記入し、必要書類と一緒に、健康増進課窓口(健康ふれあい会館1階)へ提出、又は、郵送してください。
(2)接種券の即日発行は出来ません。接種予約が可能となった時点で接種券を発送いたします。

3 提出書類

申請書[DOCX:25.3KB]PDF版[PDF:563KB]
②接種記録を確認できるものの写し(接種済証、接種記録書、接種証明書など)
③接種対象者の身分証明書の写し

 

小児(5~11歳)を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種について

国内の新型コロナ感染者全体に占める子どもの割合は増加しています。国が示す新型コロナワクチンの接種に係る科学的知見から、5~11歳における2回目接種後7日以降の発症予防効果は90.7%と報告されている(※オミクロン株が出現する前のデータ)ことから、小児の接種を実施します。
ただし、オミクロン株に対するエビデンスが確定的でないこと等から「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の「努力義務」は現在、適用されておりません。
なお、各市町村では小児接種の医療機関を確保することが困難な場合があることから、県内どの医療機関でも接種できる「広域接種体制」での接種で実施します。

詳しい内容はこちら

 

新型コロナウイルスワクチンの2回目までの接種について

鳴門市の接種状況と今後の予定(令和3年12月26日現在)

総接種回数:89,770回
1回目接種者:45,029人 86.9%
2回目接種者:44,741人 86.4%

令和3年11月からは限定的な接種体制に移行しています。

 鳴門市では、接種完了者が80%を超え、ワクチンの使用期限や接種体制などの関係上、11月以降の接種については、12歳を迎える方を中心とした限定的な接種体制に移行します。
 ファイザー製ワクチンは1バイアル(1瓶)が6人分、モデルナ製ワクチンは1バイアル(1瓶)が10人分のワクチンとなっています。ワクチンロスを最小限にするために、接種日や接種できる医療機関を集約し、これまでのように接種日時や場所を選んで予約することはできません。

 接種を希望される方はお早めにコールセンターへご連絡ください。医療機関と連携し、接種日時や場所などの調整ができましたら、コールセンターから折り返しご案内いたします。

鳴門市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画を掲載しました。

 下記のリンクよりご覧いただけます。

鳴門市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画[PDF:1.66MB]

広報なると 新型コロナウイルスワクチン接種 特集号を発行しました。(5月14日発行)

 下記のリンクよりご覧いただけます。

広報なると 新型コロナウイルスワクチン接種 特集号[PDF:810KB]

接種対象・時期について

 原則、鳴門市に住民登録している方が対象となります。ワクチンの接種時期については、優先順位に応じて以下のとおり予定しています。ただし、今後、国が示すスケジュール等により、変更となる場合があります。

対象者 接種開始時期
医療従事者等 令和3年3月中旬~
高齢者施設入居者 令和3年4月中旬~
高齢者の方(令和3年度に65歳以上になる方) 令和3年5月中旬~
高齢者以外で基礎疾患を有する方 令和3年6月中旬~
高齢者施設等の従事者 令和3年6月中旬~
59歳~64歳の方 令和3年6月中旬~
上記以外の方 令和3年8月中旬~

 

クーポン券(接種券)の発送について

・高齢者(後期高齢者)の方については5月12日送達
・高齢者(前期高齢者)の方については6月9日送達
・59歳~64歳の方については6月23日送達
・50代・40代の方については8月2日送達
・18歳(高校3年生)の方については8月4日送達
・25歳~39歳の方については8月6日送達
・12歳~24歳の方については8月27日送達
・新しく12歳を迎える方については誕生月の翌月に送達

 

ワクチンの接種回数・間隔・費用

●回数:2回
●間隔:1回目の接種から3週間後
●費用:無料

 

接種の流れ

①市が発行したクーポン券(接種券)が届く
(封入物)クーポン券(接種券)、新型コロナワクチン接種のお知らせ、予診票2枚、ワクチンの説明文

②「新型コロナワクチン接種のお知らせ」を読み、予約方法や指定医療機関を確認する。

③コールセンターで予約をする。
※予約には氏名・生年月日・接種券に記載されている接種券番号・希望する接種場所・連絡先が必要です。
●1回目と2回目の予約はセットです。

【予約受付】
鳴門市コロナワクチン接種コールセンター
088-626-7020(番号のかけ間違いにご注意ください)

~当日の持ち物~

※接種前にご自宅で体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控え、予約した医療機関やコールセンターにご連絡ください。
※ワクチンの効果を十分に得るために、同じ種類のワクチンを一定の間隔を空けて2回接種する必要があります。

 

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付について

 海外渡航予定がある方を対象に、本証明書の交付申請を受け付けます。
 証明書の利用可能な国・地域については、外務省のWebページ(外部サイト)において適時情報提供されます。

【交付対象者】
以下の2条件を満たす方
1 海外渡航の予定があり、ワクチン接種日に鳴門市に住民登録があった方
2 海外渡航する際、本証明書を所持していることにより防疫措置の緩和が受けられるとの理由から、交付を必要とする方

【必要書類】
1 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書 交付申請書[PDF:115KB]
2 旅券(旅券番号・氏名が確認可能なページ)の写し
3 ワクチン接種済証

【申請方法】
健康増進課窓口(郵送可)にて受付。
代理人(家族等)の申請も可能 委任状[PDF:312KB]。交付手数料は無料。

【証明書の交付】
基本的には、郵送又は後日窓口受け取り。

 

新型コロナワクチンの副反応等について

 ワクチン接種は強制ではありません。ワクチン接種の効果と副反応リスクについて、同意をしていただいた上で接種を受けることになります。新型コロナワクチンの副反応疑い報告については、厚生労働省HPで掲載されており、十分ご確認いただき同意の上、接種をご希望ください。

 

ワクチン接種に関する差別等の防止について

 感染の収束に向けて、その効果が期待される新型コロナウイルスワクチンですが、体質や持病などの理由で接種できない方もいます。
 また、接種を受けることは強制ではなく、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方をご理解の上、自らの意志で接種を受けていただくことになります。
 職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない方に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

●人権相談に関する窓口
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken02_00022.html

●職場でのいじめ・嫌がらせに関する相談窓口
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html

 

お問い合わせ先

  • 鳴門市新型コロナワクチン接種コールセンター
    電話番号 088-626-7020
    受付時間 午前9時から午後5時30分まで(土日祝日を除く)
     ※クーポン券がお手元に届くまでの期間は、相談・問い合わせのみの対応とさせていただいています。
  • 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
    受けられるワクチンの基本的な情報、優先接種の対象者、副反応などについてご相談、お問い合わせができます。
    電話番号 0120-761770(フリーダイヤル)
    受付時間 午前9時から午後9時まで

 

関連情報

新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

新型コロナワクチンについて(首相官邸ホームページ)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

妊婦のみなさまへ(新型コロナウイルス感染症に関する情報)(徳島県HP)
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kenko/kenko/5049801/

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード