(重要)助成対象期間・申請期間の延長 小規模企業者経営支援給付金について

市では、新型コロナウイルス感染症の影響により、外出自粛に伴う需要の落ち込みや、営業の縮小・休業等の長期化で売上高の減少する、国の持続化給付金の支援対象とならない小規模企業者に対して、事業全般に広く使える市独自の経営支援給付金を給付いたします。

  • 助成対象期間及び申請期間を延長します。
  • 助成対象期間は12月まで、申請期間は2月1日までとなります。

 

対象者

国の持続化給付金の給付の対象とならない小規模企業者
新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年1月から12月までの間で、前年同月比で(2019年中に創業した者は2019年の事業年度分の月平均の事業収入に比べて)事業収入の減少率が一番高い月が30%以上50%未満で、かつ、2万円以上減少した小規模企業者で、今後も事業を継続する意思がある者。

※市の経営支援給付金を受け取った後に、業況悪化等により国の持続化給付金の給付を受けた場合は、市の給付金の返還が必要になります。

 

※小規模企業者の基準は下表です。

業種 中小企業基本法
小規模企業者
常時使用する従業員の数
(ア) 製造業、建設業、運輸業、その他の業種((イ)~(エ)を除く) 20人以下
(イ) 卸売業 5人以下
(ウ) サービス業 5人以下
(エ) 小売業 5人以下

 

申請期間

2020年7月1日(水)~2021年2月1日(月)

 

給付額

10万円

 

申請方法

受付時の3密を避けるため、必要な申請書類の提出は郵送(特定記録または簡易書留)でお願いします。
審査には時間を要します。

申請時に必要な書類

①給付金申請書兼請求書(下記記入例を参考にし、記入漏れの無いようにして下さい。)
②前年度の事業年度分の確定申告書の控えなど、申請書に記載した事業収入の分かる書類。
書類には、事業者名の記載をお願いいたします。
③誓約兼同意書(記載内容を確認の上、記名押印し、提出下さい。)
④通帳の写し(振込先口座の金融機関名、支店名、預金種目、口座番号、口座名義人が確認できるように、「通帳の表紙」と「表紙を開いた状態の両ページ」のコピーを提出下さい。)
⑤個人の場合は、運転免許証等の公的身分証明書の写し
⑥委任状(申請者と口座名義が違う場合)任意様式

※2019年中に創業した者は、追加で⑦⑧の書類の提出が必要となります。

⑦事業収入推移表
⑧履歴事項全部証明書または開業届

※事業収入の記載、事業収入の分かる書類の提出については、申請時点の直近の月までとなります。

 

 

〔問合わせ先〕

〒772-8501
鳴門市撫養町南浜字東浜170
鳴門市役所 商工政策課・観光振興課
TEL(088)684-1157  問合せ時間8:30~17:15(土・日・祝を除く)
FAX(088)684-1339
E-mail shokoseisaku@city.naruto.i-tokushima.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード