市民の皆様への感染防止のためのお願いについて

(令和4年1月21日更新)

 県内の新規感染者数は1月13日以降20人以上と連日更新を続けています。
 最大確保病床の使用率は20%前後で推移しており、隣接県でオミクロン株の市中感染が確認されていることから県は県民に対して注意喚起を促すため令和4年1月19日午後6時にとくしまアラートを「感染警戒・前期(レベル2)」に一段階引き上げました。
 政府はまん延防止等重点措置を実施すべき区域を13都県追加し、全部で16都県がまん延防止等重点措置の適用区域となりました。

『まん延防止等重点措置区域』
対象区域:広島県・山口県及び沖縄県
期間:令和4年1月9日(日)から同年1月31日(月)まで

対象区域:群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・岐阜県・愛知県
     三重県・香川県・長崎県・熊本県・宮崎県
期間:令和4年1月21日(金)から同年2月13日(日)まで

※他都道府県との移動の際、各種無料検査の積極的な活用及び各種制度(三ツ星店等)の活用をお願いします。
※無料の一般検査事業(PCR検査・抗原検査)及び帰省者・帰省前PCR検査受検支援事業は2月28日まで延長されました。
※無料の一般検査は本県同様全ての都道府県でも実施されているため、本県へ来県予定の県外在住のお知り合いの方にも周知をお願いいたします。
※ワクチン・検査パッケージ制度は原則、当面適用しないこととなりました。
 対象者全員検査を実施し、陰性確認ができた場合については、行動制限を緩和することができます。
※濃厚接触者の待機期間が2週間から10日間へ短縮されます。
 エッセンシャルワーカー(社会機能維持者)は最短6日で待機を解除できることになりました。
 市民の皆様には引き続き基本的な感染対策の徹底をお願いします。

 県は1月5日から31日までの期間、県民の方の感染対策と日常生活の回復の両立を図るため、感染拡大に備えた感染不安者(無症状の方)への無料検査(PCR検査・抗原定性検査)を実施しております。
 他には就職、進学、単身赴任等により居住されている方が1月31日までに徳島県に帰省される場合に無料でPCR検査を受検できる制度もございます。
 市民の皆様は各種制度を積極的にご活用ください。
 詳細については、下記の徳島県のホームページをご覧ください。

徳島県事前PCR検査チラシ 新型コロナウイルス感染予防について

 

【発熱などの症状がある場合には、すぐに「かかりつけ医」に相談しましょう】

●感染予防などに関するお問い合わせ
 一般電話相談窓口(24時間):℡0120-109-410
●相談できる医療機関がない場合には、「受診・相談センター」へお問い合わせください
 受診・相談センター(24時間):℡0570-200-218

とくしまアラート感染警戒(前期) 感染防止対策徹底チラシ 家庭内感染防止のポイント 

 

とくしまアラートについて

 県は、国が示す「新たなレベル分類の考え方」に対応し、とくしまアラートを現行の5段階(ステージ)から4段階(レベル)に改定しました。
 改定前は新規感染者数に重きを置いておりましたが、改定後は病床の逼迫状況を重要視していきます。
 今後は新規感染者数などの指標については参考にしつつ、4段階6区分で運用していきます。

 とくしまアラートの指標は「感染観察」「感染警戒」「特別警戒」「非常事態」の4段階に改定され、感染警戒及び特別警戒は「前期」「後期」に区分を設けました。
 感染警戒「後期」では、まん延防止等重点措置の適用要請を、特別警戒「後期」では、緊急事態宣言の発出要請が可能です。

 

お問い合わせ

危機管理課
TEL:088-684-1711

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード