豚熱経口ワクチンの散布について

公開日 2022年11月21日

 「豚熱」は、豚とイノシシが感染する熱性の伝染病で、家畜伝染病に指定されており、平成30年
9月に岐阜県で発生して以降、全国各地で発生がみられ、令和4年7月末以降、県内各所において
野生イノシシの感染が確認されています。

 本市での発生はまだ確認されておりませんが、徳島県では、感染要因とされる野生イノシシから排出
されるウイルスを減らし、県内養豚場での「豚熱」発生を防止するため、野生イノシシに対する経口ワ
クチンを散布します。

 散布する経口ワクチンは、国内はもとより、欧州でも使用実績のあるワクチンです。
 国の食品安全委員会で安全と評価された成分から出来ており、経口ワクチンを摂取したイノシシの肉
を食べても、人の健康に影響はありません。

 なお、「豚熱」は、豚やイノシシの伝染病であって、人に感染することはありません。
また、感染した豚の肉が市場に出回ることはありませんが、仮に豚熱に罹った豚の肉や内臓を食べ
ても、人体に影響はありません。

 

経口ワクチンリーフレット[PDF:124KB]

 

◆お問い合わせ先
鳴門市農林水産課 林務・畜産担当  電話:088-684-1154
徳島県畜産振興課 家畜防疫対策担当 電話:088-621-2419
 

◆豚熱関連情報
豚熱(CSF)について(農林水産省)(外部サイト)
 →https://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/csf/index.html
豚熱経口ワクチンの散布について(徳島県・畜産振興課)(外部サイト)
 →https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/sangyo/chikusangyo/7206508/
【狩猟者のみなさまへ】豚熱の感染拡大防止について(徳島県・鳥獣対策・ふるさと創造課)(外部サイト)
 →https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kurashi/shizen/7208158/

お問い合わせ

農林水産課
TEL:088-684-1154

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード