道の駅の正式名称決定について

公開日 2021年01月12日

 本市では、交流人口拡大や地域活性化を進めるため、「四国のゲートウェイ化構想」の中核プロジェクトとして、大津町備前島の国道11号沿いに、

令和4年春の開駅を目指し、道の駅の整備を進めております。

 これまで、道の駅「なると(仮称)」という名称で事業を進めてきましたが、令和3年度中に国土交通省に対して道の駅の登録申請を行うよう計画し

いることや、本市が目指す道の駅については、地域住民にも観光客にも親しまれる、地域の元気の核となる訴求力の高い施設を目指していることから、

このたび、全国公募により施設名称の公募を行いました。

 令和2年10月16日~11月20日の期間において、名称の募集を行っていたところ、全国各地から381件のご応募をいただきました。

 市による審査・選考を実施した結果、次のとおり名称を決定しました。

 

[決定した名称]

 道の駅「くるくる なると」

 

[決定理由]

 ①  "くるくる"は「渦潮」の想起のほか「千客万来」の願いがある。多くの人が集まる訴求力の高い施設運営と、道の駅を核として経済効果や賑わい等

  の波及効果が地域に広がることを目指した施設の全体コンセプト、「人が出会い交流し地域に広がる 笑顔と元気うずまく 道の駅なると(仮称)」と、

  名称に込められた想い・イメージが一致すること。 

 ② 地名を含んでいる名称のため、鳴門市の施設ということが明確になり、新たな鳴門市のランドマークとして本市の全国へのPRに繋がること。

 

 ③ 地名に加え、「渦潮」といった唯一無二のコンテンツを想起させる名称であるため、道の駅の認知度向上に寄与できること。

 

 ④ 全てひらがなとし、「くるくる」と「なると」の間にスペースを入れることで分かりやすい表記になっていること。

 

  また、清音を用いて、言葉の響が良いため、「可愛らしさ」「柔らかさ」「やさしさ」といった印象を与えること。

 

 ⑤ 「鳴門」や「渦潮」を連想させる名称の応募数が最も多く、応募者の共通した想いを反映していると判断できること。

 

 

 考案者の方への通知は、こちらの名称決定の発表を持って替えさせていただきます。

 

 なお、今後については、令和3年度中に実施予定である、道の駅の登録受付に関して申請準備を行うとともに、造成工事等の早期完了

 

に向けて進めてまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

企画総務部 特定事業推進課
TEL:088-684-1262