高階秀爾氏 —ユネスコ「世界の記憶」登録推進事業・ベートーヴェン生誕250 周年記念講演—「世紀末芸術と『板東俘虜収容所関係資料』の美術史的側面」の配信

公開日 2020年12月28日

鳴門市ドイツ館の企画展「世紀末芸術と『板東俘虜収容所関係資料』の美術史的側面」(2020年11月7日~12月27日)で上映した動画を配信します。

 

本動画では、高階秀爾氏(大原美術館館長 東京大学名誉教授)に、2020年ベートーヴェン生誕250 周年に合わせ、世紀末芸術とユネスコ「世界の記憶」に申請予定の「板東俘虜収容所関係資料」の美術史的側面について、ご講演いただきました。

 

動画は、2020年12月28日午前10時より、Youtubeの市公式チャンネルで視聴いただけます。ぜひご覧ください。

 

動画はこちらから→

https://www.youtube.com/watch?v=v9D67IcgIUA&feature=youtu.be

 

お問い合わせ

市民環境部 ドイツ館
TEL:088-679-9110