鳴門市における洋上風力発電のゾーニングマップについて

公開日 2020年05月15日

平成28、29年度に環境省の委託事業にて、

「一般社団法人 徳島地域エネルギー」「自然電力株式会社」と共同して、

地域内外の関係者のご協力を頂きながら、

作成した鳴門市における洋上風力発電のゾーニングマップについて、

市ウェブサイトでも公表しておりますが、

以下のウェブサイトにも公表されましたので紹介いたします。

http://assess.env.go.jp/index.html

事業者の方は本評価を十分尊重していただきますようお願いいたします。

 

また当市の事例等をもとに、他の自治体の参考となる

「風力発電に係る地方公共団体によるゾーニングマニュアル(第2版)」が

同サイトに公表されております。

 

~風力発電に係るゾーニングとは~

環境保全と風力発電の導入促進を両立するため、

関係者間で協議しながら、環境保全、事業性等

に係る情報の重ね合わせを行い、総合的に評価した上で、

環境保全すべきエリア等の区域を設定し活用する取り組みのことです。

これにより、地方公共団体、地域住民、事業者等それぞれの関係者にとって

開発による重大な環境影響の回避低減や風力発電の社会的受容性の向上といった

効果が期待できます。