阿波の4つの玉手箱 開け!!「 第九」未来への扉 ~ベートーヴェンからのバトンをつなぐ~

公開日 2020年02月12日

本年はベートーヴェン生誕250年にあたる記念すべき年であり、

「第九」アジア初演100周年から次の100年に向けた次世代の育成を図るとともに、

なると「第九」や「板東俘虜収容所」に関する歴史を一層深めることを目的とする。

第1部の音楽劇「バンドー少年物語」では、ドイツ兵士と子どもたちの交流に視点を当てた音楽劇を上演し、

第2部では、「あわ文化4大モチーフ」【阿波藍、阿波おどり、阿波人形浄瑠璃、ベートーヴェン・第九】を

関連づけた特別公演を行い、「第九」交響曲第4楽章の一部を子どもと大人が合唱する。

 

日 時 令和2年3月29日(日)(正午開場)13時開演 16時終了予定 

場 所 鳴門市文化会館 ホール 鳴門市撫養町南浜字東浜24番地7

入場料 無料

主    催 鳴門市、音楽劇「バンドー少年物語」実行委員会

共    催   鳴門市教育委員会

協    力   認定特定非営利活動法人鳴門「第九」を歌う会

出演団体 

染色教室「彩」、沢井箏曲院遠藤綾子研究室(鳴門こども邦楽教室)、 ゑびす連、鳴西連、

友和嘉会、鳴門座、平成座ジュニアクラブ・ 川内北小学校人形浄瑠璃クラブ、徳島エンゲル楽団、

認定特定非営利活動法人鳴門「第九」を歌う会、エベレスト・ザ

玉手箱マルシェ(玉手箱マルシェでは4大モチーフに関する地場産品・グッズなどを販売します)

染色教室「彩」、県立阿波十郎兵衛屋敷、 (一社)鳴門市うずしお観光協会     

来場者の中から抽選で250人に「よろしこびにしめ」が当たる抽選会を開催します。

ぜひお越しください。

第九合唱祭