チケット転売仲介サイト「Viagogo」に関する注意喚起

公開日 2019年09月20日

 平成30年9月以降、「viagogo」というウェブサイトを興行主によるイベントの公式サイトと思い込んで当該のイベントのチケットを購入しようとしたところ、「購入完了までの残り時間が表示されたため、早くしないとチケットを入手できなくなると思い込み、急いでチケットを購入してしまった。」といった相談が、各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。

消費者庁と熊本市が合同で調査を行ったところ、「viagogo AG」が運営管理する「viagogo」というチケット転売の仲介サイトにおいて、消費者の自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び不実告知)を確認したため、消費者安全法に基づき、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけます。

【事業者の概要】                                                              

名称  viagogo  AG

所在地 Rue du Commerce 4,1204,Geneve,Switzerland(スイス連邦ジュネーブ州)                                                       

 URL     https://www.viagogo.jp/ (日本向けサイト)                                                                                                                                                                                                   ※同名又は類似名の事業者と間違えないよう注意してください。                                                                           

【具体的な事例の概要】
(1)インターネット上に検索キーワード広告を掲載し、消費者を自社のサイトへ誘導します。                

(2)チケットの購入手続画面に「購入完了までの残り時間」を表示して焦らせ、購入を急がせます。                                                                   

(3)消費者は、「時間内に手続を完了させないとチケットを入手できなくなる」と思い込み、焦って購入手続を進めます。

                                                                                                                                                              
                                                          
                                                                                   
                事例の詳細及びアドバイス等は以下の消費者庁公表資料をご確認ください。                

                              消費者庁公表資料[PDF:714KB]

                  
取引に関して不審な点があった場合は、お金を支払う前に各地の消費生活センター等や警察に相談しましょう                                   【相談窓口】
 鳴門市消費生活センター (088)686-3776
 警察相談専用電話     #9110


 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード