【ご注意ください】                              SMSを用いて未納料金の名目で金銭を支払わせようとする「日本通信株式会社をかたる架空請求」

公開日 2019年08月06日

 平成31年2月以降、SMSを用いて未納料金の名目で金銭を支払わせようとする「日本通信株式会社をかたる架空請求」に関する相談が各地の消費生活センター等に寄せられています。架空請求のイラスト

消費者庁が調査したところ、「日本通信株式会社」をかたる事業者について、消費者の利益を不当に害するおそれがある行為を確認したため、消費被害発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼び掛けています。

 

 -日本通信をかたる事業者の概要-                             

     日本通信をかたる事業者は、送信するSMSで、「日本通信(株)お客様センター」、
    「日本通信(株)サポートセンター」などと称しており、いずれも「日本通信(株)」

    を含む名称を用いていますが、実在する日本通信株式会社は、本件とは全く無関係です

 【具体的な事例の概要】
 1. 消費者に対し、架空請求のSMS を送信して、電話をかけるよう求めます 

 2. 電話をかけてきた消費者に対し、金銭を支払わせるために偽りの説明をし、執ように支払を求めます   
 3. 消費者に対し、前払式電子マネーでの支払を要求します

 4. 支払に応じた消費者に対し、その日のうちに別の組織の名称を名のり、更なる金銭の支払を要求してきます

   
   詳細及びアドバイス等は以下の消費者庁公表資料をご確認ください。

                  消費者庁公表資料[PDF:566KB]       

  【相談窓口】 
 鳴門市消費生活センター (088)686-3776

   警察相談専用電話    #9110


 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード