古物営業法の改正について

公開日 2018年12月20日

                          古物営業者の皆さんへ
                      ~古物営業法の改正について~

 「古物営業法の一部を改正する法律(平成30年法律第21号。以下「改正法」といいます。)」が平成30年4月25日に公布されました。
 改正法は、2回に分けて施行され、1回目の施行は平成30年10月24日、2回目の施行は公布の日から起算して2年を超えない範囲内において政令で定める日(以下「2回目の施行日」といいます。)から施行されます。

1 1回目の施行(平成30年10月24日)で改正された主な概要
 ① 営業制限の見直し ② 簡易取消しの新設 ③ 欠格事由の追加 等

2 2回目の施行で改正される内容
  許可単位の見直し 

3 主たる営業所等の届出について
  『「2回目の施行日」の前日』までに古物営業の許可を取得した古物営業者の皆さんが「2回目の施行日」以降においても引き続き許可を受け続けるために  は「主たる営業所等の届出」をすることが必要です。
  ※ 現在、許可を受けている方、又は、現在は許可を受けていなくても、『「2回目の施行日」の前日』までに許可を受けた方は、必ず、届出が必要です。
 (1) 届出期間
    平成30年10月24日から『「2回目の施行日」の前日』までの間
 (2) 届出先
    主たる営業所等の所在地を管轄する警察署
   ※ 複数の公安委員会から許可を受けている場合、主たる営業所のある管轄警察署に届出をすればその他の公安委員会への届出は不要です。
 (3) 提出書類
    主たる営業所等届出書 1通
   ※ 様式は最寄りの警察署又は徳島県警ホームページで入手できます。
   ※ 当該届出書を提出した後、記載内容に変更があった場合は、先の当該届出が無効となりますので、変更届出書の提出に併せて、再度「主たる営業所等     届出書」の届出を行ってください。
     ※ 上記届出期間内に当該届出をせずに古物営業を行った場合は、「2回目の施行日」以降は 古物営業法違反(無許可営業)となります。

4 問合せ先等
 (1) 徳島県警察本部生活安全部生活安全企画課許可事務指導室営業係(☎088-622-3101)
 (2) 営業所(営業所がない場合は住所地)を管轄する警察署の生活安全課
   (3) 徳島県警察ホームページ:http://www.police.pref.tokushima.jp