ホーム < WeLoveなるとまちづくり活動応援補助金事業 < 公園であそぼう!遊びリンピック

公園であそぼう!遊びリンピック

キッズステーションなるにし学童クラブ


   鳴門市内にある身近な公園で、元気に外遊びをする子どもが増えることを目的に、塩田公園において、子どもたちに外遊びを体験してもらいました。

   平成26年7月13日(日)   午前9時〜12時


      ・場   所:塩田公園 (鳴門町高島)
      ・参加者:公募で集まった親子約100名
      ・実施した「外遊び」
          ◦ネイチャーゲーム                  ◦フライングディスク
          ◦ジャンボしゃぼん玉               ◦ラダーゲッター
          ◦グラウンドゴルフ                  ◦バランスボール
          ◦ターゲットゴルフ                  ◦トランポリン
          ◦竹トンボ・竹馬・吹き矢         ◦自然工作
          ◦恐竜アドベンチャー(風船を割って飴をゲット)

   前日、そして当日朝の準備時間に雨が強く降るなど、開催が心配される状況となりましたが、楽しみにしていた子供たちが集まってくれました。レクレーション協会やネイチャー協会など、県下の各団体に依頼し、楽しい外遊びを体験してもらうことが出来ました。




事業を終えて・・・

   雨天が影響し、目標参加者数には達しませんでしたが、参加された方々には喜んでいただけたようです。親子で参加した方からは、「ついつい大人もはまって遊んでしまいました。楽しかったです」などと声をかけていただきました。身近にある公園でも「知らない、行ったことがない」という方々が多く、そうした方に塩田公園を知ってもらうことができ、親子に公園での遊びを体験してもらう良いきっかけとなりました。 今回協力いただいた、県下の他団体の方とも連携が出来、夏休みには塩田公園でネイチャーゲームを行ったり、公園内でキッズインストラクターのチャレンジ運動などを継続して行ったりすることが出来ました。



課題・反省点など

   前日から本部用のテントは準備していたものの、急な雨で朝の準備に手間取りました。また、夏の活動だったこともあり、公園内の虫よけ対策が必要だったと感じました。熱中症対策は気を付けていたものの、子供たちが蚊に刺され、急いで虫よけスプレーなどを準備しました。公園での活動の場合、季節に応じた対策が必要です。




今後の目標、事業展開

   公園遊びの楽しさを知ってもらう活動は、今後も続けて行っていこうと思います。今回の事業がきっかけになり、キッズステーションなるにし学童クラブを多くの方に知ってもらうことが出来ました。夏休みには、環境アドバイザー派遣でネイチャーゲーム協会が来てくださり、塩田公園でネイチャーゲームを行ったり、徳島県登録のキッズインストラクターを派遣していただき、様々な公園でのプログラムを行ったりできるようになりました。
   今後も継続した体験型の活動を行い、受益者負担も含めた資金調達を工夫したいと考えています。