ホーム < WeLoveなるとまちづくり活動応援補助金事業 < Narutoジョイフル子ども音楽祭開催事業

Narutoジョイフル子ども音楽祭開催事業

童謡の会あじさい「elegance」

平成25年12月21日と22日の2日間にわたり、鳴門大道銀店街のひかりやギャラリーにおいて、「第1回Narutoジョイフル子ども音楽祭」を開催しました。



事業を終えて・・

実行委員会を立ち上げ、企画・運営・実施することにより、事業への理解・啓発の促進が図られ、予想をはるかに上回る参加者のもとで、事業の目的を十分に達成することができました。
独唱という難しい形態での音楽祭ではありましたが、オープニングフェスタの設定、出演順や表彰方法などを工夫したことにより、子どもたちの意欲的で主体的な態度を培い自立を促す教育の場となりました。 特に「第九」を歌う子どもたちの音楽力には目を見張るものがあり、「第九」が大人だけの音楽ではなく、子どもたちの生きる力をみなぎらせる音楽であることを確信しました。

鳴門市、教育委員会、市内の保・幼・小・中・PTAとの連携により、子育て支援事業の一つとなると同時に、ケアハウス利用者をはじめとする高齢者との交流にもつながりました。 「ひかりや商店」を会場として開催することにより、本事業が大道商店街の今後の発展に向けた一方策となると感じています。



今後の目標や事業展開

鳴門市の「第九」ブランド化事業と関連させながら、また、開催場所や開催時期、商工会の他のイベントとの連携も含めて開催方法を検討し、本音楽祭を毎年開催したいと思います。
将来的には、音楽祭の運営に子どもたちが参画できるシステムをつくり、子どもたちがさまざまな運営方法を体験できる活動となるよう取り組んでいきたいです。