ホーム < まちづくり団体情報 < 「鳴門小唄」でいきいきなると実行委員会

「鳴門小唄」でいきいきなると実行委員会

団体情報

(平成30年1月10日現在)
団体名「鳴門小唄」でいきいきなると実行委員会
代表者代表者 櫻田 桂子
連絡先TEL:(088)686−5660
活動目的@野口雨情来鳴を記念して国立公園鳴門に建立した「野口雨情歌碑」、雨情の詠んだ「鳴門小唄」を鳴門市の文化財として保存し後世に伝える。
A「鳴門小唄」を歌い踊ることにより、市民が楽しく交流し、活気あふれる街づくりをする。
活動分野・社会教育の推進
・まちづくりの推進
・観光の振興
・学術、文化、芸術、スポーツの振興
・子どもの健全育成
活動内容
鳴門市で実施されているイベントに積極的に参加して、「鳴門小唄」の踊りを披露し、参加市民にも踊っていただき普及につとめる。
次世代に引き継ぐ踊りとするため、市内小中学校を訪問し、児童たちに、踊り指導をし、地域住民に普及する。
会員数、会費会員数:10人
会費:無料
会員の募集の有無募集している
市民へのPR鳴門市には、日本三大童謡詩人といわれる野口雨情が来鳴し、鳴門海峡の美しさ、豪快な渦潮に感動して「鳴門小唄」8節を詠んでいます。鳴門公園には歌碑を建立し、市民に「鳴門小唄」踊りを普及して、明るく元気な鳴門の街づくりをしています。みなさんごいっしょに踊って楽しい街づくりをしましょう。
紹介ページURL






活動分野