○鳴門市職員恩給条例の特例に関する条例

昭和38年10月23日

条例第31号

(目的)

第1条 鳴門市職員退職年金、通算退職年金、公務傷害年金及び遺族年金(以下「退職年金等」という。)の算定については、この条例の定めるところによる。

(適用範囲)

第2条 昭和37年11月30日以前より引き続き退職年金等を受ける資格を有する者(以下「受給権者」という。)に支給する退職年金等は、鳴門市職員恩給条例(昭和36年鳴門市条例第31号)第2条第6号の規定にかかわらずこの条例の定めるところにより改定する。

(改定基準)

第3条 昭和28年12月31日以前よりの受給権者に支給する退職年金等は、鳴門市職員恩給条例の一部を改正する条例(昭和38年鳴門市条例第26号)附則第3条及び第5条第1項による改定後の給料年額を基礎給料年額とし、それぞれ対応する別表(B)欄の仮定給料年額を退職又は死亡当時の給料年額とみなして算定した年額に改定する。

2 昭和29年1月1日から昭和37年11月30日までの受給権者に支給する退職年金等は、鳴門市職員恩給条例の一部を改正する条例附則第3条及び第5条第1項による改定後の給料年額を基礎給料年額とし、それぞれ対応する別表(A)欄の仮定給料年額を退職又は死亡当時の給料年額とみなして算定した年額に改定する。

(改定方法)

第4条 前条の規定による退職年金等の改正については、受給権者の請求を待つことなく行う。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、昭和38年4月1日から適用する。

別表(第3条関係)

退職年金又は遺族年金の計算の基礎となっている給料年額

仮定給料年額

A

B

86,000

98,400

103,200

88,300

103,200

108,200

90,400

108,200

113,100

93,300

113,100

118,200

95,100

118,200

123,100

98,400

123,100

128,100

103,200

128,100

131,300

108,200

131,300

134,500

113,100

134,500

138,200

118,200

138,200

143,400

123,100

143,400

147,800

128,100

147,800

152,100

131,300

152,100

157,200

134,500

157,200

162,300

138,200

162,300

167,900

143,400

167,900

173,600

147,800

167,900

173,600

152,100

173,600

180,700

157,200

180,700

185,000

162,300

185,000

190,800

167,900

190,800

196,400

173,600

196,400

207,700

180,700

207,700

210,600

185,000

210,600

219,100

190,800

219,100

230,500

196,400

219,100

230,500

207,700

230,500

243,100

210,600

243,100

249,500

219,100

243,100

255,600

230,500

255,600

264,400

243,100

264,400

269,500

249,500

269,500

284,500

255,600

284,500

291,900

264,400

291,900

299,600

269,500

299,600

314,600

284,500

314,600

329,700

291,900

314,600

333,600

299,600

329,700

346,000

314,600

333,600

363,700

329,700

363,700

381,200

333,600

363,700

392,000

346,000

381,200

392,000

363,700

392,000

402,600

381,200

402,600

423,900

392,000

423,900

445,300

402,600

423,900

445,300

423,900

445,300

449,600

445,300

466,600

466,600

449,600

466,600

488,000

466,600

488,000

509,400

488,000

509,400

530,700

509,400

530,700

544,100

530,700

544,100

558,400

544,100

558,400

586,000

558,400

586,000

613,800

586,000

613,800

627,800

613,800

627,800

655,600

627,800

655,600

 

鳴門市職員恩給条例の特例に関する条例

昭和38年10月23日 条例第31号

(昭和38年10月23日施行)

体系情報
第5類 与/第3章 退隠料等
沿革情報
昭和38年10月23日 条例第31号