第六次鳴門市総合計画

第六次鳴門市総合計画

市では、第五次総合計画の目標年度である平成23年(2011年)度をむかえ、人口減少や少子高齢化の急速な進展、地球規模の環境問題の深刻化、社会保障と税の一体改革、東日本大震災を契機とした新たな防災・減災対策の必要性の高まりなど、さまざまな社会経済情勢をふまえた新たな施策の展開を検討する必要が生じていることから、本市の自然や歴史、文化、産業、観光など、多様な地域資源を活かしたまちづくりを、市民等とともに実効的かつ戦略的に推進し、本市がめざす将来都市像を実現するための今後10年のまちづくりの指針となる、第六次鳴門市総合計画を策定しました。

 

本計画では、10年後のまちの姿として将来都市像に「結びあう絆が創る  笑顔と魅力うずまく鳴門」を掲げ、自治基本条例の理念のもと、市民参画と協働のまちづくりを進め、市民の皆さん一人ひとりが、鳴門のまちに愛着と誇りを持って鳴門の魅力を語ることができ、だれもが鳴門市に生まれて良かった、住んで良かった、訪れて良かったと実感できるまちをめざします。

総合計画

本市のめざすべき方向を実現するための施策を明らかにし、総合的、体系的かつ計画的なまちづくりの基本方針となるもので、市民生活のあらゆる分野を包括する市の最も上位に位置づけられる計画です。

計画の構成と期間

基本構想

市のめざすべき将来都市像や基本目標を示し、今後10年のまちづくりの方向性を示すものです。

 <期間>平成24年度~33年度 

基本計画

基本構想で定めた目標や施策の方向性に基づき、その実現に向けて必要となる成長戦略や個別施策を分野別に体系化したものです。

<期間>前期基本計画 平成24年度~28年度   後期基本計画 平成29年度~33年度 

実施計画

基本計画に掲げる施策の計画的・効率的な事業の進捗を図るため、財政状況や優先順位に基づき、主要な事業の年次計画や事業量を示したものです。

 <期間>3年   毎年度見直しを行います

 


 

計画の詳しい内容は、こちらからご覧ください。

第六次鳴門市総合計画 基本構想・基本計画

平成33年度を目標年度とした、本市の新しいまちづくりのための総合計画が平成24年4月からはじまりました。

 

第六次鳴門市総合計画ダイジェスト版[PDF:6MB]

第六次総合計画の内容をわかりやすくまとめた、ダイジェスト版を作成しました。

 

 

第六次鳴門市総合計画 実施計画

基本構想、基本計画に掲げる目標、方向性を具体化するための取り組みを示す実施計画です。年度ごとに実績報告も行っています。

第五次総合計画 実施計画

 

総合計画審議会

総合計画の策定及びその実施に関する重要事項を調査、審議するための市長の付属機関です。

審議会は「原則公開」しています。

 

行政評価

計画に基づく主要事業について行政評価を実施し、より効果的・効率的な行政運営を進めるとともに、市民皆さんへの説明責任を果たします。

 

市民意識調査の概要[PDF:1MB]

計画策定にあたり、市民皆さんのご意向を反映させるため、18歳以上の市民の皆さん3千人を対象に、平成28年1月に意識調査を行いました。

お問い合わせ

企画総務部 戦略企画課
TEL:088-684-1120

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード