鳴門市情報公開制度の概要

情報公開制度は、市民参画の「公正で開かれた市政」を推進するため、市の保有している公文書を請求に応じて開示することができる制度です。この制度により、必要な公文書を閲覧したり、その写しの交付を受けたりすることができます。鳴門市情報公開条例の施行を受けて平成14年4月1日にスタートしました。 

制度の基本原則

  1. 市の持っている公文書は、開示を原則とします。
  2. 個人のプライバシーは、最大限に保護します。
  3. 利用しやすい制度にします。
  4. 決定に不服がある場合は、公正な第三者で構成された機関による救済が受けられます。

開示請求できる人

どなたでも、開示請求ができます。

制度を実施する市の機関

市長、議会、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、企業局長、消防長で市の機関すべてです。 

対象となる公文書

市の職員が職務上作成又は取得した文書、図画又は電磁的記録で、組織的に用い、保有しているものが対象となります。ただし、条例の施行日前に作成又は取得した公文書は、対象にはなりません。 

開示請求の方法

情報公開窓口又は公文書を所管している主務課にて公文書開示請求書に必要な事項を記載し、提出することにより行います。また、都合により来られない方は、郵送、ファクシミリ、電子申請でも提出が可能です。

※公文書開示請求の手続きについてはこちら

開示・不開示の決定

開示請求を受け付けた日から15日以内に開示するかどうか決定します。ただし、やむを得ない理由があるときは、期間を延長することがあります。決定の内容と開示する場合の日時・場所は決定通知書でお知らせします。 

開示の方法と費用負担

閲覧・視聴又は写しの交付を行います。写しの交付及び郵送料の費用は負担が必要です。

公文書の種類開示の方法費用負担
文書又は図画 閲覧 無料
写しの交付(A3まで) 白黒 1枚10円
カラー 1枚60円
その他 実費相当額
録音テープ又はビデオテープなど 視聴 無料
写しの交付 CD-ROM 1枚150円
DVD-ROM 1枚200円
その他の電磁的記録 用紙に出力したものの閲覧又はパソコン等の画面での閲覧 無料
用紙に出力したものの交付(A3まで) 白黒 1枚10円
カラー 1枚60円
その他 実費相当額
写しの交付 CD-ROM 1枚150円
DVD-ROM 1枚200円
その他 実費相当額

※閲覧時のカメラ等の使用について

公文書の閲覧時に、カメラなどによる撮影が可能です。ただし、使用する機器と必要な電源等はご持参いただいた場合に限り使用ができます。 

決定に不服のある場合

開示の可否の決定に不服がある場合は、行政不服審査法による不服申立てができます。この場合は、「鳴門市情報公開・個人情報保護審査会」で審査し、その答申を尊重して、再度決定を行います。 

開示できない公文書

すべての公文書を開示することが原則ですが、次に該当するような公文書は、開示できないことがあります。 

  1. 法令などの定めによって開示できないもの
  2. 特定の個人が識別できるもの
  3. 法人や事業を営む個人の正当な利益を害するもの
  4. 人の生命等の保護、公共の安全等に支障が生じるもの
  5. 行政として公正、適切な意思形成に支障を及ぼすもの
  6. 市等の事務事業の遂行に支障を及ぼすもの

制度の適正な利用

開示によって得られた情報により、他の人の権利利益を侵害することのないよう適正に使用する必要があります。

お問い合わせ

企画総務部 総務課
情報公開窓口
TEL:088-684-1124