鳴門市情報公開条例の制定までのあゆみ

はじめに

鳴門市では、情報公開制度の導入に向け、平成11年11月から市内部で調査・研究を行ってきました。さらに、12年12月から13年3月にかけて、将来導入する情報公開制度が、市民の皆さまのご意見・ご要望が反映され利用しやすい制度となるように、市民代表委員10名からなる情報公開懇話会で検討を重ねた結果、3月22日に懇話会の「提言書」が市長へ提出されました。この提言書をもとに13年4月に鳴門市情報公開条例要綱を作成しました。

制度化過程の透明化

情報公開制度の導入は市政の透明性を一層高め、市民と市政の信頼関係を深めることがひとつの目的です。この制度化の過程を積極的に公開する措置の一環として、さきにご紹介した情報公開懇話会で開催された計5回の会議録を市のホームページで公開してきました。(総務課で保管しています)

鳴門市情報公開条例の制定・公布

このような流れを受け、市は平成13年9月議会に鳴門市情報公開条例案を市議会に提出。審議を経て、10月5日原案どおり可決され、10月10日に公布されました。なお、条例の施行は平成14年4月1日からです。

鳴門市情報公開条例施行規則の制定

鳴門市情報公開条例の施行に必要な公文書開示請求書などの各種書類の様式や写しの交付の際に開示請求者のかたにご負担していただく費用、開示の際の手続きなどを定めた、鳴門市情報公開条例施行規則を平成13年12月25日に制定しました。

 

お問い合わせ

企画総務部 総務課
情報公開窓口
TEL:088-684-1124