鳴門市メール配信利用規約

鳴門市メール配信利用規約

この規約は、鳴門市が企画運営者として提供するメール配信サービス

( 以下「鳴門市メール」という。) の利用に関する規約であり、鳴門市メールに登録された方( 以下「登録者」という。)との間の一切の関係に適用されます。


第1条(この規約の目的等)

この規約は、鳴門市メールの利用全般について適用されます。

2 鳴門市は、登録者の承諾なく、いつでもこの規約を変更することができます。

3 鳴門市メールは、鳴門市がその時点で提供可能なものとします。

4 鳴門市は、登録者の承諾なく、いつでも提供サ-ビスの内容を変更し、又は廃止することができるものとします。

5 鳴門市メールの提供に当たり、第三者の広告を添付させることができるものとします。

第2条(入会登録)

鳴門市は、鳴門市メールの利用を希望し、この規約を承諾の上、入会のための利用者登録した者に対し、メールを提供するものとします。

2 鳴門市は、申込者の登録申請が適切でないとき、過去に除名処分を受けた者であることが判明したとき、その他鳴門市が登録者として不適当と判断した場合は、登録後であったとしても、登録を取り消すことができるものとします。

第3条(登録者の個人情報)

登録者の個人情報とは、鳴門市に対する登録情報又は登録者の鳴門市メールの利用に関する情報であって、登録者個人を識別することのできる情報をいいます。

2 鳴門市は、登録者がメール配信の登録サイトに登録した情報、発言またはコンテンツを収集・分析し、統計情報又は行政事務用のデータとして使用することができるものとします。

3 鳴門市は、前項とは別途、行政事務を目的とした統計情報又は行政事務用データ等の作成のために登録者に対し、アンケート等の依頼を行うことができるものとします。ただし、当該依頼は登録者に対し、その回答を何ら強制するものではないものとします。

4 鳴門市は、登録者より取得した個人情報等については、前項までの規定のほか、鳴門市個人情報保護条例(平成16年鳴門市条例第2号)の規定に従って取り扱うものとします。

 

第4条(運営上必要な削除等)

鳴門市は、登録者が鳴門市メールに登録した情報、発言若しくはコンテンツが鳴門市所定の期間若しくは量を越えた場合、鳴門市メールの運営及び保守管理上の必要がある場合又は鳴門市メールの運営上必要と判断した場合には、登録者に通知することなく、係る登録情報等の全部又は一部を削除、消去又は移動することがあります。

第5条(登録者への情報提供について)

登録者が鳴門市メールを利用する際に発生する接続料、通信料、通話料、パケット代等の費用に関しては、登録者がこれを負担するものとします。

2 鳴門市の責に帰すべきか否かにかかわらず、ご利用の通信機器の状態(メール受信文字数制限や容量の制限など)、回線障害、システムダウン等により、登録者に対する鳴門市メールの全部又は一部の配信が遅延若しくは不能となった場合であっても、鳴門市は登録者に対し、一切の責任を負わないものとします。

3 鳴門市メール登録時及び変更時に登録者が選択したカテゴリについて、メール配信を行うものとし、以外の情報は配信しないものとする。ただし、原則、緊急情報については、カテゴリの選択に関係なく配信するものとします。

4 鳴門市メールにて、情報提供するカテゴリについては、鳴門市の判断により分類するものとします。

5 鳴門市メールの配信時間は、登録者の環境や通信回線の状況、配信システムの状態により変動するものとします。

第6条(内容の不保証および免責)

鳴門市は、鳴門市メールに含まれる情報、広告、コンテンツ等について、これを何ら登録者に対して推奨するものではなく、また、その完全性、正確性、有用性等について、明示的又は黙示的を問わず、登録者に対していかなる保証も行いません。

第7条(権利の帰属)

鳴門市メールに含まれる著作権その他一切の権利はすべて鳴門市に帰属するものとします。

2 登録者は、いかなる場合も鳴門市メールに含まれる文章、画像、情報等を無断で転用してはならないものとします。

第8条(解除・登録内容変更)

鳴門市メールの解除・登録内容変更は、解除・変更照会サイトから行ったもの以外は受け付けません。

2 前項の規定にかかわらず、鳴門市より送信した鳴門市メールが3回連続して不到達となった場合、鳴門市は自己の判断において当該登録者の登録を解除することができるものとします。

3 グループ配信サービスに登録している登録者は、鳴門市メールを解除することによって、グループ配信サービスも自動的に解除されます。

 

第9条(除名処分等)

登録者が次の各号のいずれかに該当すると鳴門市が判断した場合、鳴門市は登録者に対する何等の事前の催告・通知なく、登録者資格を剥奪して除名処分とすることができます。

(1)登録者が「ご使用条件」又はこの規約を遵守しない旨公言した場合

若しくは、これらのいずれかの条項に違反した場合

(2)入力されている情報の改ざんを行った場合

(3)鳴門市メールの円滑な運営を妨害した場合

(4)鳴門市メールを使用して違法な行為を行った場合

(5)その他鳴門市が登録者として不適当と判断した場合

2 前項各号に該当する登録者の行為により鳴門市が損害を受けた場合、鳴門市は除名処分の如何にかかわらず、当該登録者に対して損害の賠償を請求することができるものとします。

第10条(中断及び停止)

鳴門市は、定期若しくは緊急の保守又は災害・天災等諸般の事情により予告なく鳴門市メールのサ-ビスを一時的に中断又は停止することができるものとします。

2 前項の場合を含め、鳴門市メールのサ-ビス提供の遅延、中断又は停止が発生し、これによって登録者に損害が生じた場合であっても、鳴門市は一切の責任を負わないものとします。

 

お問い合わせ

企画総務部 情報化推進室
TEL:088-684-1382