固定資産税とは

固定資産税は、毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に、土地、家屋、償却資産(これらを総称して 「固定資産」といいます。)を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市町村(東京都 の特別区の場合は都)に納める税金です。

 

固定資産税を納める人(納税義務者)

固定資産税を納める人は、原則として固定資産の所有者です。具体的には次のとおりです。

土地 登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
家屋 登記簿又は家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
償却資産 償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

※ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、相続人(相続人が2人以上あるときは相続人の1人を代表とする)が納税義務者となります。

 

固定資産税の対象となる資産

土地、家屋及び償却資産が固定資産税の対象となります。

 

税額算定のあらまし

固定資産税は、次のような手順で税額が決定され、納税者に通知されます。

1 固定資産を評価し、その価格を決定し、その価格をもとに、課税標準額を算定します。

↓※詳しくはここを参照してください。

2 課税標準額×税率=税額となります。

↓※詳しくはここを参照してください。

3 税額等を記載した納税通知書を納税者に送付します。

※詳しくはここを参照してください。

お問い合わせ

企画総務部 税務課
TEL:088-684-1129