マイナンバー(個人番号)について

通知カードとは

通知カードは、皆様にマイナンバーをお知らせするものです。平成27年10月から順次、住民票を有する全ての方に対し、簡易書留で世帯主宛てに送付しています。受け取られた通知カードは大切に保管してください。

通知カード 見本

通知カード表

おもて面

通知カード裏

 うら面

<返戻された通知カードの廃棄について>
不在などの理由により、市役所へ返戻された通知カードは、当分の間、保管いたしますが、一定期間経過した通知カードは廃棄処分します。通知カードを受け取られていない方は、お早めにお受け取りください。

なお、廃棄処分後の通知カード交付の申し出は再交付扱いとなり、再発行手数料(500円/1枚)がかかりますのでご了承ください。

 

個人番号カードとは

  • 個人番号カードはご希望の方のみお申し込みください。
  • おもて面には住所・氏名・生年月日・性別が記載され、写真が表示され、本人確認書類として利用できます。
  • うら面には個人番号(マイナンバー)が記載され、マイナンバーを証明することができます。
  • e-Tax等の電子申請等が行える電子証明書を搭載できます。
  • 初回の交付手数料は無料です(電子証明書代含む)が、紛失その他に伴う再交付手数料は有料です。
  • 個人番号カードの有効期限は、20歳以上の方は10回目のお誕生日まで、20歳未満の方は5回目のお誕生日までとなります。
  • 個人番号カードを使って、マイナポータルを利用することができます。
     マイナポータルについては、こちらをご覧ください。

  ※住民基本台帳カードと個人番号カードとの重複所持はできません。

マイナンバーカード(個人番号カード)見本

マイナンバーカード(個人番号カード)見本 表

おもて面

   マイナンバーカード(個人番号カード)見本 うら面

 うら面

<個人番号カードの廃棄について>
個人番号カード交付通知書のうら面に記載している有効期限を過ぎても受取は可能ですが、 一定期間保管後、順次廃棄処分を行います。お早めにお受け取りください。

 

個人番号カードの具体的な申請・受取方法

個人番号カードの具体的な申請・受取には、次の2つの方法があります。

(1) 個人番号カードの受取・・時に市民課窓口へ行く方法(交付時来庁方式)
郵送、オンライン等で申請手続きを行い、個人番号カードができあがった段階で市民課窓口に行き、本人確認の上、受け取る方法です。

(2) 個人番号カードの申請・・時に市民課窓口へ行く方法(申請時来庁方式)
申請の段階で市民課窓口に行き、その場で本人確認などの手続きを済ませ、後日、本人限定郵便により個人番号カードを受け取る方法です。

img-flow

※個人番号カードは、地方公共団体情報システム機構に申請してからお渡しまで約1か月程度かかります。
従来の住民基本台帳カードのように数日で交付できませんので、くれぐれも御注意ください。

 

お受け取り・申請時間

場所 市民課(本庁舎1階)
時間 午前8時30分~午後5時15分
土・日・祝日、振替休日、年末年始(12/29~1/3)を除く市役所開庁日
休日開庁日時 毎月第一土曜日 午前8時30分~午後0時30分(祝日を除く)
※交付時来庁方式を選択された方のお受け取りのみ

 

申請方法

  (1)交付時来庁方式 (2)申請時来庁方式
注意点
  • 受け取りは必ず申請者本人がお越しください。
    やむを得ず代理人がお受け取りになる場合は、下記の《代理の方の受け取りをご希望の場合》をご参照ください。
  • 代理人が申請することはできません。
  • 鳴門市に住民登録がない方は受付できません。
  • 郵便局の転送手続きをされている方は、受付できません。
申請時に
必要なもの
①個人番号カード交付申請書
市民課で発行する申請書や、手書き用申請書(申請書ダウンロードページ)を使用することもできます。 ※住所や氏名が変更になった場合、旧住所や旧姓の記載された申請書は使用できません。
②顔写真1枚(6か月以内のもの、正面・無帽・無背景のもの)
  • 郵送の場合:縦4.5cm×横3.5cm
  • オンライン申請の場合:顔写真のデータ
③個人番号カード交付申請書の返信用封筒(郵送申請の場合のみ)
  • 通知カードと一緒に届いた返信用封筒は、差出有効期限が切れていても、平成31年5月3日まで切手を貼らずにそのまま使用することができます。
  • お手元に返信用封筒がないなど、新しい送付先用紙や封筒の作成材料がほしい方は、下段のサイトからダウンロードできますのでご利用ください。
①本人確認書類
(詳しくは下記の「本人確認書類とは…」をご参照ください)
②印鑑
③通知カード
④住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
※③④は申請時に回収します
⑤顔写真
  • 市民課でも顔写真を撮影しています。その場合は顔写真は不要です。
  • ご自身でご用意する場合:6か月以内のもの、正面・無帽・無背景のもの、縦4.5cm×横3.5cm
【本人が15歳未満または成年被後見人の場合】
法定代理人の同行が必要です。

申請者本人の必要書類のほかに以下のものが必要です。
⑥法定代理人の本人確認書類
⑦法定代理人であることを確認できる資料
  • 15歳未満の方:戸籍謄本等(同一世帯の人や本籍が鳴門にある方は省略可)
  • 成年後見人の方:登記事項証明書 (発行後3か月以内のもの)
申請の
手続き
●郵送による申請
個人番号カード交付申請書に必要事項を記入し、顔写真を貼り、返信用封筒に入れて、ポストに投函してください。
●スマートフォンやパソコンを使ったオンライン申請(※1)
下記のリンクまたは交付申請書のQRコード等から申請WEBサイトにアクセスし、案内に従って申請してください。
1.必要書類(上段①~⑤)を持って、市民課窓口に本人が来庁し、申請します。
2.顔写真を撮影します。(ご自身でご用意いただいても構いません。)
3.個人番号カードには暗証番号の設定が必要ですので、暗証番号設定依頼書に暗証番号を記入してもらいます。カードが到着後、職員が暗証番号を入力します。
注意!
誕生日などの推測されやすい番号は避けてください。
詳しくは下記の「各種暗証番号の使い道は…」をご参照ください。
①住民基本台帳用
②券面事項入力補助用
③利用者証明用電子証明書
④署名用電子証明書
①②③…4桁の数字(3種類すべて同じ暗証番号で設定可)
④…6桁以上16桁以内で、英数が混じったもの
※申請時に不要とした方や15歳未満の方は設定不要
4.カードができあがりましたら、個人番号カードを本人限定郵便(特例型)で発送します。

 

(※1) 【市民課でWEB申請補助サービスをしています】

市民課設置のタブレット端末を使用して申請に必要な顔写真を無料で撮影し、申請のお手伝いをしています。(写真の印刷はできません。)
平日午前8時30分から午後5時15分までの間に、本人確認書類(免許証等)または個人番号カード交付申請書をお持ちください。
申請には30分程度かかります。待ち時間短縮ため、事前予約をお願いします。(℡:684-1092)

 

個人番号カードの受け取り

  (1)交付時来庁方式 (2)申請時来庁方式
受取時に
必要なもの
≪本人が受け取りの場合≫
①交付通知書 (同封しているハガキ)
②本人確認書類 (詳しくは下記の「本人確認書類とは…」をご参照ください)
③印鑑
④通知カード
⑤住民基本台帳カード (お持ちの方のみ)
※④⑤は受取時に回収します
【本人が15歳未満または成年被後見人の場合】
法定代理人の同行が必要です。

申請者本人の必要書類のほかに以下のものが必要です。
⑥法定代理人の本人確認書類
⑦法定代理人であることを確認できる資料
  • 15歳未満の方:戸籍謄本等(同一世帯の人や本籍が鳴門にある方は省略可)
  • 成年後見人の方:登記事項証明書 (発行後3か月以内のもの)
①郵便局から届く到着通知書 (配達の場合は不要です)
②印鑑 (サイン可)
③本人確認書類 (氏名、住所、生年月日がわかるもの)
(例)
  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード
  • 健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
  • 国民年金手帳
  • 年金手帳
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る)
  • 官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの
  • 共済組合員証
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)
※詳しくは、日本郵便株式会社のホームページをご参照ください。
日本郵便株式会社 本人限定受取郵便(外部リンク)
受取の
手続き
暗証番号の設定をしていただきます。
※事前にご検討をお願いします。
詳しくは下記の「各種暗証番号の使い道は…」をご参照ください。
注意!
誕生日などの推測されやすい番号は避けてください。
①住民基本台帳用
②券面事項入力補助用
③利用者証明用電子証明書
④署名用電子証明書
①②③…4桁の数字(3種類すべて同じ暗証番号で設定可)
④…6桁以上16桁以内で、英数が混じったもの
※申請時に不要とした方や15歳未満の方は設定不要
個人番号カードを本人限定受取郵便(特例型)で郵送します。
1.郵便局から到着通知書が届きます。
2.到着通知書の案内に従い、受取方法を確認します。
3.2で選択した方法で、個人番号カードを受け取ります。

 

各種暗証番号の使い道は...

住民基本台帳用 市役所でマイナンバーカードを使った本人確認をする際に使用する暗証番号
券面事項入力補助用 パソコンを使ってマイナンバーカードから氏名や生年月日を読み取る際に使用する暗証番号
利用者証明用電子証明書 インターネットサイト等にマイナンバーカードを使用してログインする際に使用する暗証番号
署名等電子証明書 インターネット等でマイナンバーカードを使用して電子文書を作成・送信する際に使用する暗証番号

 

《代理の方の受け取りをご希望の場合》

マイナンバーカードの受け取りは原則本人です。

代理人が受け取ることができる事由に該当するかどうかや必要書類の確認など、不明な点がある場合は、事前に市民課(☎684-1092)に電話でご確認ください。

代理の方に交付ができる場合とは...

身体の障害、入院など長期療養、長期にわたる出張などの場合に限ります。

『仕事や学業のため』、『体調が悪い』などの理由は認められません。

必要書類

①交付通知書(同封しているハガキ)
②申請者ご本人の本人確認書類(詳しくは下記の「本人確認書類とは...」をご参照ください)
③代理人の本人確認書類(詳しくは下記の「本人確認書類とは...」をご参照ください)
④申請者ご本人からの委任状 (交付通知書の委任状欄を使用してもかまいません)
 ※同居の家族や親族が受け取る場合でも、委任状が必要です。
⑤申請者ご本人が来られないことを証明する書類(診断書や施設への入所の証明、身体障害者手帳など)
⑥印鑑
⑦通知カード
⑧住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

 ※⑦⑧は個人番号カード発行時に回収します。

事前に必ずしておいてください!

 事前準備

本人確認書類とは...(有効期限内で最新の情報を記載したものに限る)

本人確認書類 本人確認書類

※代理の方の受け取りをご希望の場合

申請者ご本人のもの
(お持ちの証明書に合わせてご準備ください。どの方法でもかまいません)

例1例2例3

                    プラス

窓口に来られる代理人のもの

本人確認書類

 

個人番号カードの紛失・盗難

紛失や盗難にあった場合は、個人番号コールセンター(0570-783-578)に電話をしていただき、カードの機能を一時利用停止してください。

また、自宅以外で紛失した場合は、警察で紛失・盗難届を行い、届出日と受理番号を控え、市民課に紛失届をしてください。

 

個人番号カード再交付の申請

下記に該当する場合は、市民課で個人番号カードの再交付申請を行うことができます。

  • カードの紛失、焼失、著しい損傷、機能の損失があったとき
  • 有効期限が満了する日までの期間が3カ月未満となったとき
  • 追記欄の余白がなくなったとき(手数料無料)

再交付申請時に必要書類

  • 再交付手数料1000円(個人番号カード800円+電子証明書200円)
  • 申請書
  • 個人番号カード
  • 顔写真(縦4.5cm×横3.5cm 証明写真用)

※紛失、盗難にあった場合は警察に届出した届出日と受理番号が必要です。
※焼失した場合は、羅災証明書等が必要です。

 

お問い合わせ先

鳴門市役所 市民課
 電話 088-684-1135

○社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)に関する最新の情報は内閣官房のホームページをご覧ください。
 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/index.html

○総務省ホームページ
 http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/

○個人番号カード総合サイト(総務省)
 https://www.kojinbango-card.go.jp/

○マイナンバーに関するお問い合わせ

 個人番号コールセンター(全国共通ナビダイヤル)

 0570-783-578

 ・平日8時30分~22時00分

 ・土日祝9時30分~17時30分

 (年末年始12月29日~1月3日を除く。)

 ・個人番号カードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受付。

 ※外国語での対応をご希望の方は、0570-064-738におかけください。

  対応言語:英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語

 

 マイナンバー総合フリーダイヤル

 0120-95-0178

 ・平日9時30分~22時00分

 ・土日祝9時30分~17時30分

 (年末年始12月29日~1月3日を除く。)

 ・個人番号カードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受付。

 ※外国語での対応をご希望の方は、0120-0178-27(フリーダイヤル)におかけください。

 

カードの比較

住民基本台帳カード・個人番号カード・通知カード・市民カードの比較(160KB)

 

通知カード・個人番号カードを身分証明証として利用する場合

通知カード・個人番号カードを身分証明証として利用する場合について(177KB)

 

お問い合わせ

システム管理
TEL:088-684-1111

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード