浄化槽の役割と仕組み

浄化槽とは

浄化槽とは、家庭からのし尿や排水を処理する施設で、家屋ごとに設置されています(下水道の使える地域を除く)。 家庭からの排水は、浄化槽で浄化されてから、川や海に放流されます。

浄化槽が正常に機能するためには、適正な維持管理が必要です。→浄化槽の維持管理について

 

浄化槽の種類

浄化槽には、「合併処理浄化槽」と「単独処理浄化槽」があります。またし尿を汲み取る「汲み取り槽」も設置されています。

合併処理浄化槽 トイレからの汚水だけでなく、台所・お風呂・洗面所からの生活雑排水など、全ての汚水を処理する浄化槽です。平成13年4月の浄化槽法の一部改正により、原則として、新たな浄化槽の設置は合併処理浄化槽のみとなっています。
単独処理浄化槽 トイレからの汚水のみを処理するもので、生活雑排水は処理されず、そのまま道路側溝などを通して川などに放流されますので、河川や海を汚す原因になっています。平成13年4月の浄化槽法の一部改正により、原則として新たな設置は出来なくなりました。

「単独処理浄化槽」と「汲み取り槽」はまだ多数使用されており、水環境の改善のためには、単独処理浄化槽や汲み取り槽が、合併処理浄化槽に付け替えられる (転換される)必要があります。→ 合併処理浄化槽への転換補助制度について

 

浄化槽の仕組み

まず汚水は嫌気槽と呼ばれる部屋に入ります。ここには、空気を嫌う微生物が住んでいて、汚水中の有機物を食べて分解しています。次の槽は、好気槽といいます。この部屋には、酸素が無いと生きられない微生物が住んでいます。そのため、全体に空気を送って、汚水中に酸素が十分に届くようにしなければなりません。嫌気槽から送られた汚水は、ここで更に分解され、有機物をできるだけ二酸化炭素に変換します。これを無機化といいます。

このように汚水は浄化槽で処理されると無機化されます。最後は消毒してから側溝・道路排水管・河川等に放流しますので、水域を清浄に保つことができます。
※(下の図を参考にしてください。)

   
   

 

お問い合わせ

経済建設部 下水道課
TEL:088-684-1173