障害児通所支援(障害児通所給付費)

障害児通所支援(障害児通所給付費)

障がい等のある児童に対して、下記の支援を行います。

児童発達支援 未就学の障がい児に日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練その他必要な支援を行います。
医療型児童発達支援 肢体不自由児に児童発達支援及び治療を行います。
放課後等デイサービス 就学中の障がい児等に、授業の終了後又は休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進その他必要な支援を行います。
保育所等訪問支援 保育所等を訪問し、集団生活への適応のための専門的な支援等を行います。

 

【支援を受けるまでの手続きの流れ】

支援を受けるまでの手続きの流れ

 

【利用者の負担額】

障害児通所支援を利用される際の利用者の負担金額は、原則として費用の1割となります。さらに、世帯全員に課税されている市民税の金額に応じて、利用者の負担する金額に上限を設定します。

  ひと月の利用負担上限金額
①生活保護世帯 0円
②市民税が非課税の世帯 0円
③市民税が課税されている世帯(所得割の合計が28万円未満) 4,600円
④市民税が課税されている世帯(所得割の合計が28万円以上) 37,200円

※③と④の世帯が「児童発達支援」を利用する場合には、同一世帯に就学前の児童が2人以上いるか、世帯の所得が一定以下の場合には、利用者の負担金額を費用の1割から軽減できることがあります。

                                            

お問い合わせ

健康福祉部 社会福祉課
TEL:088-684-1405