後期高齢者(長寿)医療制度

75歳以上の方は後期高齢者医療制度に移行します

平成20年4月から、75歳以上の方を対象とする独立した医療保険制度として「後期高齢者(長寿)医療制度」が創設され、75歳以上の方は、原則として「後期高齢者(長寿)医療制度」の加入者(被保険者)となります。

徳島県後期高齢者医療広域連合という新しい運営主体が、都道府県や市区町村と連絡をとりあって、高齢者の方々のサービス向上に努めます。

対象者

  1. 75歳以上(75歳の誕生日より本人の届出無しに自動的に対象となります。)
  2. 65~74歳で一定の障がいの状態にある方(申請し、認定を受けた日から対象となります。)

※これらの方々は、加入している国民健康保険または会社の健康保険などの被用者保険から脱退し、後期高齢者医療制度に移行することになります。
※75歳に到達することで加入される方(上記 1)には、後期高齢者医療被保険者証を誕生日の前月に送付いたします。

高額療養費の上限額が変わります

高額療養費制度の見直しについて(概要)[PDF:529KB]

高額療養費の見直しについて(リーフレット)[PDF:897KB]

保険料の軽減率が変わります

保険料軽減特例の見直しについて(概要)[PDF:322KB]

保険料軽減特例の見直しについて(リーフレット)[PDF:860KB]

各種届出の受付や被保険者証等の引渡し等の窓口業務

保険者は通常、鳴門市に住民票があるかたは鳴門市役所保険課が窓口となります。

後期高齢者(長寿)医療制度の詳細については徳島県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧下さい。
 URL http://www.koukikourei-tokushima.jp/

お問い合わせ

健康福祉部 保険課
TEL:088-684-1139

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード