児童手当

番号法が施行されることに伴い、児童手当の手続きについて平成28年1月1日から個人番号(マイナンバー)が必要となります。

児童手当のお手続きをされる際は、各種届出に必要な書類に加え、保護者(受給者・配偶者)及び児童の個人番号がわかるもの(個人番号カード、個人番号通知カードなど)及び身元確認書類(個人番号カード、運転免許証など)のご用意をお願いいたします。

また、代理人の方がお手続きされる場合は、委任状、代理人の身元確認書類(個人番号カード、運転免許証など)が上記書類と合わせて必要となりますので、ご注意ください。

※児童の個人番号(マイナンバー)は、児童手当受給者が児童と別居している際に必要となります。住民票が受給者と同じ場合は必要ありません。

※個人番号(マイナンバー)が変更となった場合は、変更届を必ず子どもいきいき課へご提出ください。

制度の概要

支給対象

支給対象者:児童の養育者

対象となる児童:中学校修了までの国内に住所を有する児童(15歳到達後の最初の年度末まで)

手当額(月額)

 児童手当特例給付
(所得超過者)
3歳未満 15,000円 年齢にかかわらず
児童一人につき
一律5,000円
3歳~小学生第1.2子 10,000円
第3子以降 ※15,000円
中学生 10,000円

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

所得制限

所得制限限度額を超過した受給者については、対象児童1人につき月額5,000円が一律で支給されます。所得制限限度額は以下のとおりです。

扶養親族等の数所得制限限度額(万円)収入額の目安(万円)
0人 622,0 833,3
1人 660,0 875,6
2人 698,0 917,8
3人 736,0 960,0
4人 774,0 1002,1
5人 812,0 1042,1
※所得制限は所得の高い方が対象で、世帯の合算した所得ではありません。
※受給者が施設、里親の場合は所得制限が適用されません。
※扶養親族等の数が6人以上の場合の所得制限限度額は、1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額となります。

支給月日

児童手当は10月、2月、6月に前4カ月分を支給します。

鳴門市における支給日は各支給月の15日となっています。なお、15日が土日祝日にあたる場合は、その直前の平日が支給日となります。

定期支給
 10月  6~9月分
 2月  10~1月分
 6月  2~5月分

各種届出

異動事由など必要な届出
・はじめての児童が生まれたとき
・鳴門市に転入してきたとき
・公務員から民間へ出向、もしくは公務員を退職など
認定請求書
・第2子以降の児童が生まれたときや、児童を養育しなくなった
ことにより、支給対象となる児童が増減するときなど
額改定認定請求書
額改定届
・鳴門市から転出したとき
・児童を養育しなくなったとき
・児童が国内に居住しなくなったとき(留学を除く)など
消滅届
・鳴門市内で住所が変わったときや、受給者または養育している
児童の氏名が変わったときなど
住所・氏名変更届
・受給者と児童が別居したときなど 申立書
・毎年6月にすべての受給者が提出 現況届
※書類は子どもいきいき課にあります。なお、必要に応じて添付書類が必要です。詳しくは窓口までお問い合わせください。
※出生・転入などの際はその日の翌日から15日以内に手続きをしなかった場合、受給できない月が発生することがあります。お早めに手続きください。

児童手当の寄付

児童手当の全部または一部を市に寄附して、子ども・子育て支援事業のために生かしてほしいというかたはお問い合わせください。

お問い合わせ

健康福祉部 子どもいきいき課
TEL:088-684-1146