鳴門市男女共同参画推進条例

 「女男(とも)に生き 幸せを分かち合えるまちづくり」をめざして

「女男(とも)に生き 幸せを分かち合えるまちなると」

国では、男女共同参画社会の実現を21世紀の最重要課題とした男女共同参画社会基本法を平成11年に施行しました。平成22年12月には第3次男女共同参画基本計画が閣議決定され、男女共同参画社会の形成が一層加速されるよう環境整備が進められています。

鳴門市も今後十年間の鳴門市の進むべき方向を示す「第6次総合計画」をスタートし、めざすべき都市像を「結びあう絆が創る 笑顔と魅力うずまく鳴門」としました。この考え方の中には、もちろん「男女共同参画」という理念が含まれています。 男女共同参画社会を実現するまちづくりを計画の中で進めていくうえで、さまざまな取り組みを総合的・計画的に推進していくための基本的事項を定める「鳴門市男女共同参画推進条例(仮称)」の制定が必要です。

そこで平成27年3月24日に「鳴門市男女共同参画推進条例」を制定、平成28年1月1日に施行し、男女が対等なパートナーとして助け合い、支え合い、幸せを分かち合うまちづくりの実現をめざすことに取組んでいます。

これまでの男女共同参画への取り組み

鳴門市男女共同参画推進条例

男女共同参画推進条例説明会

男女共同参画推進条例 説明用パンフレット (大人用・子ども用)

お問い合わせ

健康福祉部 人権推進課
TEL:088-684-1148