台風(風水害)に備えて

 地震とちがって、台風は襲ってくる時期が予測できます。台風による被害は、ほとんど台風の規模によって決まります。気象情報で中心気圧や最大風速を知り、万全の対策を立てておきましょう。
 そして、台風が近づいてきたら、あわてずに適確に対処できるよう日ごろから次のようなことに心掛け、被害を最小限度にとどめるようにしましょう。

風水害
【停電に備えて】 ローソク、懐中電灯、携帯用ラジオ、マッチなど
【火の使用は最低限に】 風で大火を招くことがありますので要注意
【早めに浸水対策】 屋根や窓、雨戸からの浸水に備えて修理しておく。雨水の逃げ道を確保するための排水溝を掃除しておく。浸水のおそれがでたら電気製品、家具を高所へ。
【非常持ち出し品】 貴重品、衣類、食料と水(1人1日3リットルを目安に)は3日分以上、燃料、救急薬品など。

 

風水害の知識

台風

 熱帯地方(東経180度より西の北西太平洋)で発生した低気圧を熱帯低気圧といいます。
 そのうち、最大風速が毎秒17メートル以上になったものが台風です。

風と被害 ※風速は10分間の平均風速

【風速毎秒10メートル~15メートル】
 傘がさせない

【風速毎秒15メートル~20メートル】
 風に向かって歩けない。小枝が折れる

【風速毎秒20メートル~25メートル】
 しっかりと身体を確保しないと転倒する

【風速毎秒25メートル~30メートル】
 立っていられない。屋外での行動は危険

【風速毎秒30メートル以上】
 屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる

 

台風の大きさと階級分け

【大型(大きい)】
 風速毎秒15メートル以上で半径が500km以上800km未満

【超大型(非常に大きい)】
 風速毎秒15メートル以上で半径が800km以上

 

台風の強さと階級分け

【強い】
 最大風速が毎秒33メートル以上44メートル未満

【非常に強い】
 最大風速が毎秒44メートル以上54メートル未満

【猛烈な】
 最大風速が毎秒54メートル以上

 

集中豪雨

 短期間のうちに狭い地域に集中して降る豪雨のことで、突発的に降るため、その予測は比較的困難です。

1時間の雨量と降り方

【10ミリ~20ミリ】
 ザーザーと降り、雨音で話し声がよく聞こえない

【20ミリ~30ミリ】
 土砂降りで、側溝や下水、小さな川があふれる

【30ミリ~50ミリ】
 バケツをひっくり返したような降りで、道路が川のようになる

【50ミリ~80ミリ】
 滝のように降り、土石流が起こりやすい 車の運転は危険。

【80ミリ以上】
 大規模な災害発生の危険があり、厳重な警戒が必要

 

お問い合わせ

危機管理課
TEL:088-684-1711