小宰相局の墓

 → 見に行こう  →  小宰相局の墓

平家の大将平通盛の恋女房小宰相局は、一族とともに屋島へ落ちていく道すがら、愛する夫が源氏のため一の谷において討ち死にしたと聞き、恋しさに耐えかねて海に身を投げ、あたら19の春を散らしたといわれています。

墓は小鳴門橋を通過して少し行った小高い丘の上にあり、小宰相局が懐妊の身であったことから、墓に祈れば子を授かると伝えられています。

アクセス
鳴門駅前からバス8分(鳴門公園行)
土佐泊 下車300メートル


小宰相局の墓
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦
前のページへ戻る