【注意喚起】「金と銀のプロジェクトに参加するだけで、毎日1万円収入の最低保証」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者にご注意ください!

公開日 2018年09月10日

 平成30年2月以降、「金と銀のプロジェクトに参加するだけで、毎日1万円保証」などとうたう事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。パソコンの前で困っている様子の女性のイラスト

【事業者の概要】
 株式会社ジパング 

  ※同名又は類似名の事業者と間違えないようご注意ください。

【具体的な事例の概要】
(1)ウェブサイトに消費者を誘導                                                   ジパング
は消費者が購読しているメールマガジンやLINE等のSNSの広告に                                                                                   「毎日1万円収入の最低保証」などと掲載し、ジパングが運営する金と銀のプロジェクトのウェブサイトに誘導し、                      
 メールアドレスの登録やLINEの友達登録を促します。それらの登録をした消費者に対し、本件プロジェクトへの                参加勧誘メール等を送信し、参加申し込みウェブサイトのページへ誘導され、参加申し込みをした消費者に、                   参加料として28万5000円を支払わせます。                                                                   また、その参加した消費者に更に儲かるコースがあるなどとうたい、高額な参加料を別途支払わせようとします。                                                                                                                                                 

(2)消費者庁が確認した事実
  ジパングの代表者への事情聴取から、次の事実が判明しました。ウェブサイトには、                                                                        「毎日1万円収入の最低保証」とうたっているが、このような宣伝文句は根拠や裏付けとなる事実はないことが判明しました。                                                                                                                                       ジパング以外にも、投資サービスに関する消費者からの相談は数多く寄せられており、今後、別の事業者が今回の事案と                    同様の手口で消費者被害を引き起こす可能性も考えられます。                                                                                                                                                                                                                      
  


【消費者の皆さんへのアドバイス】
 ★このような取引に関して不審な点があった場合は、お金を支払う前に、
  消費生活センター等や警察に相談しましょう。

・インターネット上には、投資などのプロジェクト等と称するものに参加するだけで、                              「何もしなくても収入が得られる、将来にわたり収入が保証される」などの表現を用いて、                              高額な参加料や費用等を支払わせる業者が存在します。このような表現をうのみにして、
高額なお金を支払っても、約束された収入が得られなかったといった相談が数多く寄せられています。                           何もしないで収入が得られるなどといううまい話は決してありません。何もしなくても収入が得られる、                        将来にわたり収入が保証されるといった説明があったときは、                                                     まずは疑い、甘い言葉に決してだまされないでください。契約をする前に冷静に考えましょう。


【相談窓口】
 鳴門市消費生活センター (088)686-3776
 警察相談専用電話     #9110

※詳しくは、消費者庁のホームページをご確認ください。
 
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/pdf/consumer_policy_information_180829_0001.pdf

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード