「なると第九」に関するテレビ放送について

公開日 2018年06月14日

 2018年は「第九」アジア初演から100周年。

 この度、板東俘虜収容所の松江豊寿所長や「なると第九」に
ついて取り上げられ、放送されることとなりました。

 放送日等詳細は以下のとおりです。
ぜひ皆さまご覧ください。

★2018年6月18日(月) 午後9時~★

  【 番 組 】TV TOKYO
       「世界ナゼそこに?日本人~知られざる波乱万丈伝~」
  【 内 容 】”人々の命を救い世界で感謝されているスゴい日本人2時間SP”
       敵だったドイツ人1000人を救った日本人偉人伝説として
       松江豊寿所長が紹介される。
                    http://www.tv-tokyo.co.jp/nazesoko/


★2018年7月6日(金) 午後7時半~★

  【 番 組 】NHK総合テレビ※徳島県域放送
      「鳴門の第九 歌声が繋ぐ日独100年(仮)」
  【 内 容 】この100年の間、元ドイツ兵たちは、板東俘虜収容所で交わされた
       日本人との友情と交流を忘れることなく、世代を超えて語り継いできた。
       その子孫たちが演奏会に合わせて来日する。一方、鳴門・板東にも日独の交流を
       大切に思い、受け継いできた人たちがいた。番組では世紀を超えて受け継がれた
       日本人とドイツ人の交流の物語を迫力ある歌声と共に伝える。