水道管の凍結防止について

公開日 2017年12月19日

冬の冷え込みが厳しいとき、気温がマイナス4度以下(北向きの日陰、風あたりの強いところはマイナス1度~マイナス2度)になると水道管が凍ったり、破裂することがあります。凍結防止の点検と対策を行なうことで、破裂事故の防止に効果があります。

 

凍結しやすい水道管

屋外で水道管が露出(むき出し)している管

散水栓.立水栓

ベランダに設置している水栓(洗濁水栓等)

ガス、灯油ボイラーの配管

電気温水器(ユノックス)の配管

受水槽や高置水槽(ビル屋上の受水槽)まわりの配管

  

天気予報に注意 

強い冬型になり、低温注意報が出た夜などは特に注意して、凍結しやすい個所を点検してください。

 

簡単にできる防寒対策

屋外で露出している配管に、発砲スチロール系保温チューブ(市販品)を巻きつけ直接冷気を受けないようにする。

タオル、毛布、布切れ等で蛇口の上までおおう。

メーターボックス内に、発砲スチロール、新聞、布切れ等を入れ保温する。

就寝前に蛇口から少量の水を流しておく。

 

凍ってしまった場合

水道管、蛇口が凍ってしまったら、気温が上がり自然に溶けるのを待つか、凍った部分に、タオル、布切れなどをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけて溶かしてください。

なお、熱湯は絶対にかけないでください。急に熱いお湯をかけると、管や蛇口が破裂したり、給水栓をいためることがありますので注意が必要です。

注意:凍結で、蛇口から水が出ない場合でも、お出かけの時は必ず蛇口は閉めてください。日中、気温の上昇とともに、凍った水が溶けて、蛇口付近が水浸しになります。必ず蛇口は閉めてください。又、管、蛇口等の凍結による破損状況が目視で確認できる場合は、お出かけの時にメーターボックス内の内栓止水栓を閉めることで、凍った水が溶けた後の漏水を防げます。 

破裂した場合

管や蛇口が破裂してしまったら、メーターボックスの中にある内線止水栓を閉めて、破裂した部分にタオルかビニールテープを巻きつける等の応急処置をしてください。

修理は、水道メーターより蛇口までの内線側(二次側)の漏水については、水道事業課での修理は行っていませんので、鳴門市指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。

ただし水道メーターの破損については、水道事業課で無料で交換しますのでご連絡ください。

 

連絡先  鳴門市指定給水装置工事事業者 

鳴門市企業局 水道事業課     電話:088-685-3330